DJ2tu2zXkAApvHn

先日行われた、代表メンバー発表記者会見で、ハリルホジッチは前回外れた倉田秋を再び招集した理由についてこう答えた。

「ここ2週間ほどで、コンディションが上がってきている」

コンディションが上がってきている。良くなっている。この手の問いかけに、ハリルホジッチはかなりの確率でそう答える。すると現場はなんとなく納得したムードに包まれる。だが、はたしてそれが第一の理由だろうか。

ハリルホジッチは、「候補として追跡していた柴崎岳、大島僚太、斎藤学が怪我をしてしまって残念」と述べたが、この3人が怪我なく無事でいたら、どうだったのか。倉田は招集されていただろうか。

記者会見が行われたのは9月28日。試合が行われるのは10月6日(ニュージーランド戦)と10日(ハイチ戦)だ。そもそも、ここわずか2週間の情報で8日後、12日後の試合に向けた判断をするのは拙速ではないか。

W杯本番に臨むメンバー発表なら理解できる。コンディションは絶対的な条件になる。本番まで9ヶ月あるいまは違う。直近のコンディションより重要な視点がある。9ヶ月後から逆算する視点だ。いまは、大袈裟に言えば、どうでもいい問題なのだ。9ヶ月後の姿に可能性を感じる選手は、多少試合に出ていなくても選んでおくべきだと思う。

ヘルタ・ベルリン所属の原口元気は、先週末リーグ戦(対バイエルン戦)で、今季初スタメンを飾り、活躍した。だが、メンバー発表の時点では今季、6試合を消化した段階で、計54分間しか出場していない。
出場機会に恵まれず、コンディションを確認する機会が少なかったにもかかわらず、代表に選出された。ハリルホジッチはこう述べた。

「試合には出ていないが、彼は代表では必ず良いパフォーマンスを見せている。彼を呼んで励ます話をしたい」

一転して、コンディション重視を覆したわけだ。しかし、今回招集を見送ったパチューカ所属の本田圭佑には、その理由をコンディションを前面に出してこう述べた。

「彼は怪我をしていた。彼にはコンディションをしっかり取り戻してもらいたい。コンディションを取り戻したら、入れるかどうかを考える」

だが、本田は原口より多い195分間に出場し、得点も2点奪っている。原口には優しい言葉を掛ける一方で、本田に対しては厳しめの言葉を吐いている。
「コンディションを取り戻したら、入れるかどうか考える」は、「コンディションを取り戻しても入れないかもしれない」と、同義語だ。いったいどっちなのか。

所属クラブで試合に出ている人を優先的に選ぶ。これは、ハリルホジッチが就任以来、一貫して言い続けている台詞だが、かつてミランで出場機会をほとんど失った状態にあるにもかかわらず、ハリルホジッチは本田を招集し続けた。
代表で優れたパフォーマンスを発揮できなくなっても、だ。

招集するかしないか。評価基準を、所属クラブでの出場時間と深い関係にあるコンディションのみで当落の決定を説明しようとする姿勢に、無理を感じずにはいられない。整合性がとれない瞬間に、多々出くわす。 

ハリルホジッチは最後にこう締めくくった。

「それぞれのクラブで試合に出なければ、ロシアでのプレーは確約できない」

いちいち理由を説明していると面倒くさい。コンディションで語った方が手っ取り早い。そう考えるのが自然だが、それでは議論は深まらない。本田が代表に必要な選手でなくなった理由、心変わりした理由はなんなのか。

毎度大々的に行われるメンバー発表だが、選考理由が、サッカー的な見地から語られることがまずない。話を聞いていてなるほどと思わせる瞬間が少ない。そこにこの監督の弱さが見て取れる。
堂々としいるようで、実はオブラードに包んだ説得力の低い物言いをする。

つづく 

2017年10月3日 18時52分 杉山茂樹のBLOG
http://news.livedoor.com/article/detail/13699578/ 
 



引用元:http://tekito.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1507213476/0-

2: 2017/10/06(金) 06:18:29.50 ID:CAP_USER9
斎藤は最近、好調だっただけに残念」

「植田直通は、先週のガンバ戦で非常にいいパフォーマンスを見せていた」

またしても代表から外れた西川周作についても「最近調子が上がってきている」と述べている。だったら、なぜ選ばないのか。

この会見は、ハリルホジッチの演説で始まった。日本はボール支配率を重視する傾向が強すぎる、と。会見時間の半分近い時間を、
日本サッカー界への反論に費やした。突っ込み所満載の荒っぽい説明だったが(それは別の機会に書くとして)、ハリルホジッチがそうではないサッカーを標榜していることが、明確になった瞬間だ。

ならば、それと選手選考の基準とは、どんな関係があるのかをセットで語る必要がある。ボール支配率を重視するか否かは、理念の問題だ。簡単に言えば監督の趣味の問題。
重視しないと言い切るなら、こういうサッカーがしたいから、こういう選手を選びたい。あるいは、選んだつもりだと、選手の好みも明確に示す必要がある。

コンディションばかりを切り口に、選考理由を語られても、自らの理念は浸透していかない。説得力に欠ける発言になる。

毎度約1時間に及ぶ、メンバー発表の会見は、この日に限らず、ほぼハリルホジッチの独演状態になる。自らのサッカー論を語る時間はたっぷり用意されているが、それは名監督の演説には程遠い内容だ。
こちらのサッカー観を触発させる、なるほど! という台詞は聞こえてこない。本番で何かをしてくれそうな気配をハリルホジッチには感じない。感じさせてくれる監督でないと、支持する気持ちは湧かないのだ。

13: 2017/10/06(金) 06:28:35.04 ID:8GW8nZM20
ハリルホジッチ批判に関しては杉山が正しいと思うけどね。

14: 2017/10/06(金) 06:30:08.42 ID:LhNEly3Y0
この人見る目ないから良かったね

16: 2017/10/06(金) 06:31:28.07 ID:sVUMQU/u0
別にハリルはコンディション=試合に出ているかどうか、とは言ってない

本田がスタメンで出ても、あの動きでは代表にはいらない、と判断すれば普通に外すわけで
それをコンディションと言うかレベルと言うかは監督の自由

19: 2017/10/06(金) 06:34:41.47 ID:SScNE/zz0
倉田は柴崎怪我だからついで
代表で原口はもう外せない
本田はもう右で久保と浅野の下
全部正直に話すよりコンディションでただまとめただけだろ
それくらい大人なら分かれよ

20: 2017/10/06(金) 06:35:08.17 ID:xQv1fj7w0
とりあえず有言実行してもらおうか

早く岡田武史に謝れよ

22: 2017/10/06(金) 06:39:16.64 ID:6/TuFQx50
選ばない理由をマスコミにガチで話す監督なんかいないだろ

43: 2017/10/06(金) 06:53:45.12 ID:hCLZrkPE0
こいつほど長いことやってサッカー観がまったく育ってないカスもそういない

50: 2017/10/06(金) 07:04:26.17 ID:x/C4BJz20
南アフリカでも期待できないって言ってたな