サッカー_02

61%対39%。日本はニュージーランドにボール支配率で大きく勝った。メンバー発表記者会見で「日本のサッカー教育はボール支配率をベースに作られているようだ」と切り出し、それに否定的な言葉を並べたハリルホジッチだが、試合は監督の趣味趣向とは異なる展開になった。

 ニュージーランドが5バックで後ろを固めてきたこと(ボールを奪う位置が低かったこと)。技術で日本に大きく劣ったことが、その大きな理由だ。日本の問題というより相手の問題。日本がどう戦っても支配率で劣る相手ではなかった。

 ただし、日本の戦い方は前半と後半で大きく違っていた。正確に言えば、後半15分より以前と以降。交代の1番手として、乾貴士と小林祐希がピッチに入る前と後だ。

 それ以前の日本は、ハリルホジッチの趣味趣向が反映された縦に速いスタイルだった。開始直後から、立て続けにシュートを放ちペースを握った。

 得点が入らない理由は、決定力不足と言われがちだ。この試合日もそうだったと思われるが、絶対に決めなければならないシュートを外したというシーンは、わずかに1度。香川真司が前半8分に放ったポスト直撃弾に限られるのだ。

 例えば、前半22分に放った武藤のシュート。あるいは、前半33分に放った久保のシュートは、惜しいように見えるが、実際にはそれほどでもない。それ以外の道を探した方が賢明な、強引なシュートだった。

「シュートは打ってなんぼ」。「打たなきゃ何も起こらない」と言われるが、決まりそうな予感がしないシュートを見るのはつらい。何かが起きそうな時は、シュートを打つ瞬間、何となく匂うものである。

 強迫観念に駆られて放ったシュート。姿勢をアピールしようとしたシュートにさえ見えた。

 一方、惜しいと感じたのは、大迫勇也が放った前半10分のシーンだ。ポスト左に1m近く外したが、インステップキックにしっかりとヒットしたよい球筋のシュートだった。同じく大迫が前半43分に放ったヘディングシュートも、惜しいと言える一撃だ。クロスバーを越えたが、がっかりさせられるシュートではなかった。

 シュートの本数は、試合を優位に進めていたか否かを語る時、物差しになる材料だ。18本放ったこの試合の場合は、「計18本放ちながら、流れの中で奪った得点はわずかに1でした」という言い方になる。そしてその結果、皆で一致して「決定力不足」を、声高に叫ぼうとする。そしてその内気と決断力の無さをみんなで嘆こうとする。何十年も続くお決まりのパターンだ。

 だが、ここで目立ったのは弱気ではない。変な強引さだ。そしてそれを背後で後押ししているのが、縦に速いサッカーであることは明らかだった。

 つづく

杉山茂樹  | スポーツライター10/8(日) 18:48
https://news.yahoo.co.jp/byline/sugiyamashigeki/20171008-00076678/
--- Sponsored LINK ---
 



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1507524423

2: 2017/10/09(月) 13:47:14.30 ID:CAP_USER9
一方、後半15分以降に放ったシュートは、そうではなかった。自然な流れから放った、無理を感じさせない納得度の高いシュートだった。理由はなぜか。サッカーの質が変わったからだ。香川と交代で小林祐希が、武藤と交代で乾が投入されると、縦に速いサッカーは影を潜めた。ハリルホジッチの趣味趣向とは異なる、従来型の日本サッカーが展開された。

 ボール支配率61%対39%は、90分の戦いを通したもので、前半、後半それぞれの数字は発表されていない。したがって、あくまでも印象だが、ボール支配率は後半の方が高かったと思われる。後半15分以降はとりわけ。

 その変化に深く関わっていたのが乾だ。左の高い位置で張る彼に、ボールはよく回った。その分、展開は前半よりワイドになった。サイドはボールを奪われにくい場所だ。乾が左SB長友らとのパス交換に及べば、支配率は自ずと上昇する。

 武藤のポジション的な適性は、サイドと言うより真ん中だ。CF(センターフォワード)、あるいは2トップの一角の方がしっくりくる。前半10分、大迫が放ったミドルシュートは、それを象徴するシーンだ。山口蛍が前線に縦蹴りしたボールに武藤が反応。ヘッドで落とし、それを大迫が狙うという展開だ。武藤ではなく乾ならば、山口のパスを真ん中の高い位置ではなく、左サイドで開いて受けたはずだ。そしてボールをサイドの奥深い位置へ運ぼうとするだろう。

 縦に速いサッカーは、言い換えれば、幅の狭いサッカー、奥行きがない浅いサッカーだ。正面から攻めるので、シュートには強引さが求められる。そうした監督の趣味嗜好に合っているのは乾か武藤かと言えば、武藤。右で先発した久保裕也も、どちらかと言えば武藤タイプ。浅野拓磨もしかりだ。

 後半42分、倉田秋が奪った決勝ゴールは、乾からの深々とした折り返しから生まれた。それを逆サイドで構えた酒井宏樹が頭で落とし、倉田が反応したという格好だった。倉田の高い決定力がもたらしたゴールではない。深みのある攻撃を展開し、横から崩して奪ったゴールになる。

 ボール支配率の高いサッカーにあって、縦に速いサッカーにない要素。それは攻撃の深みだ。縦に速いサッカーは浅い。浅い攻撃からフィニッシュに持ち込もうとすれば、シュートの難易度は上がる。決定力が不可欠になる。一方、深い攻撃は、倉田のゴールがそうであったように、詰めるだけでよい場合もある。横から崩した末のシュートなので、シュートの難易度は低い。

 日本に適しているのはどちらか。深みのある攻撃をすれば、ボール支配率はそれに伴い上昇する。ボールを支配率させることが目的ではない。目指すは深みのある攻撃だ。浅い攻撃には力が求められるが、深みのある攻撃には展開力が求められる。確かな攻撃のルートこそが生命線になる。

「柔よく剛を制する」をコンセプトにするなら、選択すべきはどちらか。正面から崩すか、横から崩すか。答えは明らかだ。「ボール支配率が高くても勝てるわけではない」と、ハリルホジッチは言うが、そのアンチボール支配率論は、僕には論理のすり替えに思えて仕方がない。正面から仕掛ける浅い攻撃、深みのない攻撃は日本人には向いていない。柔よく剛を制するの精神に反する。これは確かな事実だと思う

スポンサードリンク





21: 2017/10/09(月) 13:59:25.62 ID:Z6eRvba/0
>>1
柔道の康生が柔も剛も制せといってたよ

3: 2017/10/09(月) 13:49:04.63 ID:OVSTHFTs0
などと意味不明な供述を繰り返しており、

4: 2017/10/09(月) 13:49:35.33 ID:xRctx0Cv0
技が有るならドリブルでゴールできるだろ  アホ~

9: 2017/10/09(月) 13:51:39.82 ID:vlYZ+BH60
剛よく柔を制す

11: 2017/10/09(月) 13:52:11.53 ID:KHeTa/d+0
縦に早いサッカーは乾に合わないとか 

ハリルの趣向は乾じゃなくて武藤とか笑わせんな
アディダスになんとか武藤を持ち上げるように言われたか

12: 2017/10/09(月) 13:52:41.68 ID:F49LEwIW0
剛よく柔を断つって続きあるのを知らんのか

15: 2017/10/09(月) 13:55:59.83 ID:pyFA9kfa0
後の先、一撃必殺こそ日本気質

19: 2017/10/09(月) 13:58:24.74 ID:XTaNRW7w0
岡ちゃんに謝れよ

22: 2017/10/09(月) 13:59:44.91 ID:ShIGmlO60
もう柔道の記事書けよ(笑)

27: 2017/10/09(月) 14:03:14.51 ID:AreXraw/0
唯一の絶対に決めないといけないシュートを外した香川はもう要らないね

33: 2017/10/09(月) 14:10:09.54 ID:QkRVisPq0
柔よく剛を制すって、剛よく柔を断つとセット、いわゆる「剛柔一体」が大切だって話なのに。

40: 2017/10/09(月) 14:15:21.12 ID:mwscvLjK0
要するに「日本が嫌い」って言いたいだけだろ?

42: 2017/10/09(月) 14:16:24.10 ID:xgVzv8FS0
サッカー経験が無い人間が書いても説得力がない
まあ経験者でもダメな奴もいるが