245: 2017/11/20(月) 06:21:12.60 ID:zVDvdnuo0HAPPY
浦和FWズラタンが運命の第2レグに気勢!「アル・ヒラルに本物のレッズをお見せしよう」

「前半の僕たちは守備に問題を抱えていた」


 敵地リャドでの一戦で見事アウェーゴールを奪い、1-1のドローに持ち込んだ浦和レッズ。値千金弾を決めたラファエル・シルバに代わって65分に登場したFWズラタン・リュビヤンキッチは、「結果は狙い通りのものになった」と胸を張った。アジア・サッカー連盟(AFC)の公式サイトがそのコメントを伝えている。
 
 土曜日に行なわれたアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)決勝第1レグ、アル・ヒラル戦は、元スロベニア代表ストライカーの目にどう映ったのか。
 
「アウェーゴールを決めて、かつ敗戦を免れた。ホームでの第2レグに向けてこれ以上ない結果を持ち帰ったんだ。前半の僕たちは守備に問題を抱えていた。先制はしたもののアル・ヒラルの攻撃の前になす術がなく、相手がゴールを外してくれたのは本当にラッキーだったよ。後半はしっかりリカバーしたね。誰もがハードワークに努め、終了のホイッスルが鳴るまで戦い抜いた。幸運は僕たちに舞い降りたんだ。それがフットボールというものさ。欲しかった結果を手にしたと言っていい」
 
 では、11月25日のリターンマッチ、本拠地・埼玉スタジアムでの第2レグはどう戦うのか。ズラタンは浦和本来の攻撃力を存分に発揮できると確信している。
 
「1週間後の試合はまったく違うものになる。僕たちはホームで、より攻撃的なアプローチでゲームに臨むだろう。彼ら(アル・ヒラル)に本物のレッズの姿をお見せしよう。リャドで僕たちは大観衆のプレッシャーに晒された。今度はこっちの番だ。埼玉スタジアムの重圧がどれほどのものか、彼らは土曜日に思い知るだろう」
 
 すでに前売りチケットが完売している第2レグ。6万大観衆の真紅の大波が、サウジアラビアの青き精鋭に襲い掛かる。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171120-00032803-sdigestw-socc 

サッカー_02


246: 2017/11/20(月) 06:23:50.02 ID:T3NWMLNb0HAPPY
>>245
よわそう

引用元:http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1511105941

--- Sponsored LINK ---
 



247: 2017/11/20(月) 06:24:35.36 ID:skhcI7yO0HAPPY
>>245
かませのセリフじゃないですか

249: 2017/11/20(月) 06:24:56.04 ID:ErU+9d6n0HAPPY
>>245
フラグみたいなことを

260: 2017/11/20(月) 06:33:57.80 ID:pSXsXijM0HAPPY
>>245
オプーナを買う権利をやろう

261: 2017/11/20(月) 06:34:25.03 ID:jydtXcvA0HAPPY
>>245
最高のベンゼマをお見せしよう

280: 2017/11/20(月) 07:12:45.99 ID:DElA44CV0HAPPY
>>245
本物のレッズ(タイトル前に失速)

248: 2017/11/20(月) 06:24:50.04 ID:RUvCAqChMHAPPY
2週間後に埼スタに来てください。
本当に美味いレッズの味をお見せしますよ。

スポンサードリンク





250: 2017/11/20(月) 06:25:18.87 ID:c9mtGrh20HAPPY
最高のベンゼマ

252: 2017/11/20(月) 06:28:46.38 ID:bgZgaYej0HAPPY
ズラタン日本語喋らないし
記者がかっこいいとか思って書いてそうなタイトルだな

257: 2017/11/20(月) 06:32:28.54 ID:CusnGrMJ0HAPPY
本物のズラタンも見たいです

258: 2017/11/20(月) 06:33:16.51 ID:pxllQBpR0HAPPY
言っちゃあれだがアルヒラルのほうがチャンピオンには相応しい強さだった
ホームではもっと攻撃的にいってほしい

263: 2017/11/20(月) 06:36:05.01 ID:R8MGvIGV0HAPPY
宇賀神
「1週間後の試合はまったく違うものになる。僕たちはホームで、より攻撃的なアプローチでゲームに臨むだろう。
彼ら(アル・ヒラル)に本物のレッズの姿をお見せしよう。リャドで僕たちは大観衆のプレッシャーに晒された。今度はこっちの番だ。埼玉スタジアムの重圧がどれほどのものか、彼らは土曜日に思い知るだろう」