海外でも話題となった子ども相手の“股抜きトリック”がデフォルメされて紹介

 ドルトムントのMF香川真司がSNSで投稿した“股抜きトリック”が、アニメーションになって脚光を浴びている。ブンデスリーガ公式YouTubeチャンネルで紹介された。

 香川は昨年末の12月27日、小さな子どもを相手に股抜きを8回連続させるという動画を自身のSNS上で公開。これは瞬く間に世界中へ拡散した。ボールに全く触れられない状況に子どもが泣き出してしまうハプニングもあったが、「#この後仲直り」というハッシュタグも付けて、しっかり“和解”していたことも報告していた。

 ブンデスリーガ公式YouTubeチャンネルが公開した「ブンデスリーガスターの休日」という動画では、ウインターブレイク中の選手たちのオフの様子をアニメとして紹介している。そのなかの一つに、前述した香川の子ども相手の股抜きが登場している。

 公開されたアニメ動画は「香川は何度も小さな子どもを混乱させようとしている」というナレーション付き。アニメでは目を回した子どもが倒れ、嘔吐してしまったものが香川にかかって「最後にはしっぺ返しを食らう」というオチで、ややデフォルメされた内容となっている。

 香川が投稿した動画は公開直後から話題となり、海外メディアでも「28歳のドルトムントのミッドフィールダーがトリックを8回行った。庭や公園で似たような行動をするサッカー好きの良い親のように、最終的に香川はボールを手渡した」、「厳しい愛、シンジ・カガワのスタイル」などと伝えられて大きな反響を呼んでいた。


https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180109-00010024-soccermzw-socc


--- Sponsored LINK ---
 





スポンサードリンク




香川がSNSに子供と対峙する動画をアップ「この悔しさが人を強くする」

 ドルトムントのMF香川真司が公式ツイッターやインスタグラムに投稿した動画が海外メディアから大きな注目を集めている。ブンデスリーガは前半戦の全日程を終えてウィンターブレイクに突入し、香川は日本へ帰国。27日にSNSを更新し、動画を上げると瞬く間に拡散し、世界中のメディアが取り上げている。

 動画は、香川と子供がピッチ上で対峙している場面から始まる。子供が果敢にボール奪取を狙うなか、足下で巧みなボールコントロールを見せる香川は、ボールを小刻みに動かして股抜きを敢行。そして続けざまに8回成功させると、子供は泣き出してしまう。思わぬ事態に戸惑った香川は、なだめるように笑顔で子供を抱擁してボールを渡したが、子供はそのままピッチの外にボールを蹴り出してしまった。

 香川は動画をアップすると、「この悔しさが人を強くする」とコメント。ハッシュタグで「#training #友情 #この後仲直り」と記し、その後に“和解”したと報告している。

 この動画は海外でも拡散し、「元マンチェスター・ユナイテッドのスターが、子供と遊ぶビデオを投稿した」と伝えたのは英紙「デイリー・メール」だ。「28歳のドルトムントのミッドフィールダーがトリックを8回行った。庭や公園で似たような行動をするサッカー好きの良い親のように、最終的に香川はボールを手渡した」と伝えている。

「厳しい愛、シンジ・カガワのスタイル」

 南米でも注目を集めているようだ。ペルー紙「コレオ」は「才能豊かなMFシンジ・カガワは、ボールを繰り返し奪おうとした子供と遊ぶビデオに出演。しかし慈悲を与えず、ボールは何度も足の間を通過した」と報じた。

 また、衛星放送「FOXスポーツ」アジア版では、香川について「彼はただ子供をより良いプレーヤーにしようとしていたようだ」と言及。「厳しい愛、シンジ・カガワのスタイル」と香川の教育的プレーを評している。

 ファンからは「二人とも可愛い」というコメントから、「将来、日本代表に」と貴重な体験をした子供の成長を願う声も上がった。一方、香川の華麗な連続股抜きに「奇跡の連続」とテクニックを称賛する言葉も並んだ。

 香川の動画はツイッター上で再生160万回を超えるなど大きな反響を呼んでいる。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171231-00010007-soccermzw-socc