1: 2018/01/21(日) 23:17:34.94 ID:CAP_USER9
防戦一方では「じり貧」は必定

no title


今夏のロシア・ワールドカップ、日本代表はコロンビア、セネガル、ポーランドを相手に、グループステージの3試合を戦う。

 日本は第4ポッド。格下であることを認めた上で、戦略を練るべきだ。勝ち目は薄いわけだが、2位以内で決勝トーナメントに勝ち上がる可能性がないわけではない。

 わずかな勝機を掴めるか? それを突き詰める作業になる。

 誤解を恐れずに言えば、W杯はフットボールのスタイルやら「日本らしさ」やらというものは、あまり意味がない。

勝負をモノにするための戦略、戦術、そして幾ばくかの運が必要になる。

 日本は正面から相手にぶち当たっても、勝機は巡ってこないだろう。弱い、足りない、劣っている――そこをどう補い、逆転する発想を持てるか。

 とはいえ、卑屈になることはないし、なるべきでもない。

 昨年11月の欧州遠征、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督はブラジル戦で、トップ下として井手口陽介を抜擢している。フィジカルに優れ、防御力が高い井手口をトップ下に置くことで守備力を強化し、あわよくばミドルシュートを、という狙いだったのか。しかし、奇策は通じなかった。

 まず、ブラジルの高い技術にいなされ、プレスがハマらない。そして何より、井手口はトップ下の選手ではなく、相手ゴール近くで閃きのあるスキルを出すべきところで、物足りなさを露呈した。

 チャンスが広がりそうな場面はあったが、井手口は相手の裏を衝くようなパスを出すどころか、慣れないポジションでボールコントロールすらうまくいかなかった。全く良さを出せずに終わっている。

「防御力を高めるために、防御の人数を増やす」

 それは戦術の選択肢のひとつだが、上策ではない。なぜなら、守備を厚くしても攻撃のオプションを失ったら、相手に余裕を与えてしまい、勢いのある攻撃をぶつけられ続けることになる。防戦一方では、じり貧は必定だ。

「攻撃の選択肢は残しつつ、防御を固める」

 それが日本の、ロシアでの「正攻法」となる

つづく

1/21(日) 17:16配信 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180121-00010000-sdigestw-socc&p=1

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1516544254

--- Sponsored LINK ---
 



2: 2018/01/21(日) 23:18:16.57 ID:CAP_USER9
サイドアタッカーは守備で持ち場を守れるか!?

no title


その点で見れば、両サイドのアタッカーが鍵を握るのではないか。原口元気、乾貴士、齋藤学といった選手たちは、ドリブルでサイドを切り込み、敵陣深くで相手を攪乱し、脅威を与え、得点シーンを作り出せる。単純にスピードに優れ、機動力に特長がある。日本が勝機を掴むには、決して欠かせない。

 まずは、彼らが守備で持ち場を守れるか。本来、機動力を用いた打撃を得意とする原口や乾に、守備を強いることは得策ではない。しかし、格上の相手と戦う以上、彼らも拠点をしっかりと防御する任務が求められる。守備で我慢し、攻撃に転じるのだ。

 日露戦争において、騎兵を率いた秋山好古は、兵士たちに下馬させ、迎撃させたという。当時、世界最強といわれたコサック騎兵の猛攻を、塹壕に拠って機関銃を用いて凌いでいる。

 5倍近い兵力差を、火力による拠点防御でカバー。その上で挺身隊を募り、騎兵を持って後方を攪乱、陽動し、巨大な戦力を戦いに参加させなかった。騎兵に歩兵、砲兵、工兵をミックスし、最強騎兵の侵攻を防御。一方で機動力を失わず、高速運動で敵を怯ませた。発想の転換によって、敵を破ったのだ。

 ハリルジャパンが防御を厚くする考え方は、的外れではない。しかし攻撃に転じる時、存分に能力を発揮できる選手も配置するべきである。さもなくば、多少は肉弾戦で善戦できたとしても、最後は必ず敗れることになるだろう。

文:小宮 良之

【著者プロフィール】
こみや・よしゆき/1972年、横浜市生まれ。大学在学中にスペインのサラマンカ大に留学。2001年にバルセロナへ渡りジャーナリストに。選手のみならず、サッカーに全てを注ぐ男の生き様を数多く描写する。『おれは最後に笑う』(東邦出版)など多数の書籍を出版しており、今年3月にはヘスス・スアレス氏との共著『選ばれし者への挑戦状 誇り高きフットボール奇論』(東邦出版)を上梓した。

15: 2018/01/21(日) 23:31:00.65 ID:7KdF2dJo0
>>1
岡崎を使えということ?

3: 2018/01/21(日) 23:20:53.27 ID:11THJT590
ゴチャゴチャワケわからん言葉を並べても無得点3連敗で敗退は変わらんぞ

スポンサードリンク






6: 2018/01/21(日) 23:22:38.68 ID:AZr1DmKh0
原口、大迫、浅野のドタバタサッカーは卑屈だよな

10: 2018/01/21(日) 23:26:09.65 ID:gxpmOHFH0
なんだよ?卑屈な戦術ってwww

18: 2018/01/21(日) 23:34:40.37 ID:VvErEJ250
>>10
ボールを爆弾のように忌み嫌い、すぐに相手に渡そうとする戦術使いで デュエル(笑)と言いながら両サイドに仕掛ける選手も置けない戦術のことじゃね

12: 2018/01/21(日) 23:27:47.65 ID:hZcud1+r0
どんな戦術もチームに落とし込めなきゃ意味がないがハリルじゃねえ…

16: 2018/01/21(日) 23:31:01.10 ID:xW0FnAFk0
謙虚と言えば聞こえはいいが、言い替えれば退屈

17: 2018/01/21(日) 23:34:04.17 ID:uBA2lTmr0
気合入ってりゃいいよ、東亜杯みたいなのは勘弁して

22: 2018/01/21(日) 23:43:54.59 ID:OZZij8Nc0
他の3か国が明らかに日本より強いのだから守備的にやるしかないだろう

23: 2018/01/21(日) 23:47:06.10 ID:OafYv1tW0
アンカー置いて2010時みたいな戦い方でいいんだよ 原口と浅野でサイドは走らせまくれよ

26: 2018/01/22(月) 00:00:59.13 ID:OpNgeCImO
韓国に4失点する守備的サッカー