サッカー_01

▽おすすめ記事▽


1: 2018/03/14(水) 17:57:35.36 ID:CAP_USER9
フィギュアスケートの世界ジュニア選手権で、アレクサンドラ・トルソワ選手(13歳)が、女子選手として初めて2種類の4回転ジャンプを決める快挙を成し遂げた。マークした技術点は92.35。平昌五輪の金メダリスト、アリーナ・ザギトワ選手の81.62を大きく超える驚異的なスコアでの優勝だった。

 競技力の向上を実感せずにはいられない。ジャンプの限界は何回転なのだろうか。人類の身体能力が、いかに上がっても6回転ぐらいが限界ではないかと思いたくなるが、いずれにせよフィギュアスケートが、伸びシロを残している競技であることは間違いない。
 
 10日(土曜日)、ブルガリアのソフィアで起きたこのニュースを聞きながら、サッカーにも先日、競技力の向上を実感させる試合があったことを思い出した。ニュースにはなっていない。報じられたのは、結果がメインだったが、第三者である日本人が、それ以上に痺れたのはその中身だったハズだ。ピッチの上における両軍のツバ競り合い--。

 パリ・サンジェルマン(PSG)対レアル・マドリー。後者が通算スコア5-2で勝利したチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦のセカンドレグだ。フィギュアスケート的に言えば、世界最高得点をマークした試合と言いたくなる高度な試合だった。

 目を引いたのは選手の技術なのだが、より具体的に言えば、厳しいプレッシャーをかいくぐる術と、その網から脱出を図る展開力だ。

 昨季も、同様な思いに浸った経験がある。1、2年に1度ぐらい、世界最高得点を更新する試合に遭遇する。それは、もちろんJリーグにもあてはまる。「この試合、ちょっと凄くない?」と呟きたくなる試合に、ふとしたタイミングで訪れる。

 Jリーグの場合は、国内最高記録になる。だが、世界最高記録に遭遇すると、日本最高記録の程を同時に連想し、そしてその差に愕然とさせられる。繰り返すが、この最高記録の話は、サッカーでは全くと言ってもいいほどニュースにならない。フィギュアスケートのように、結果がレベルを意味していないこともある。結果やニュースにのみ反応したがるネットとの相性の悪さもある。

 だが、サッカーはお構いなしに、株でいうところの最高値を更新し続けている。下がることも停滞することもなく、右肩上がりを続けている。足でボールを扱う競技なので、手に比べて開発の余地があるからだが、大袈裟に言えば、見る度にレベルは上がっている。それに伴い娯楽性も増している。そこがサッカーの最大の魅力だ。

 それを支えているのがプレッシングだ。高い位置から網を張っていくそのボール奪取方法と、技術の進歩は密接な関係にある。ピッチ上に厳しい設定が布かれたことで、それに対抗しようと選手の技術はさらに向上した。近代サッカーにおける2大発明。プレッシングサッカーが、トータルフットボールと並んで発明と称される理由だ。

 日本の女子代表(なでしこ)が、6位に終わったアルガルベ杯でも、選手の技術とプレッシングの関係が目に止まった。一頃に比べ、日本の成績はなぜ振るわなくなったのかと言えば、それはかつてユルユルだった他国のプレスが、見違えるほど厳しくなったからだ。

それをかいくぐるためには、もう1レベル高い技術を身につける必要がある。研鑽を積む舞台となるのは平素の試合(なでしこリーグ)だ。そこでどれほど厳しいプレッシングを各チームが展開できるか。

 Jリーグについても全く同じ事が言える。

「Jリーグのレベルを上げていかなければ……」とは、W杯が終わる度に取り沙汰されるお決まりの言葉だが、それはプレッシングを強化して、プレーの設定条件を厳しくする事に他ならない。

2018年3月13日 18時14分
http://news.livedoor.com/lite/article_detail/14427580/
しかし、そうした具体的な話は、なぜか聞こえてこない。「レベルを上げよう」は、お題目にしか聞こえないのだ。実際、後ろで守るサッカーを目にする。自分たちの都合を最優先させるサッカー、サッカーの進歩に貢献しないサッカー。ズバリ、後ろで守ろうとするサッカーだ。

 先週のJリーグで川崎フロンターレと対戦した湘南ベルマーレは、後ろで守るサッカーを展開した。1-1で引き分けることに成功したが、試合後の会見で、試合を振り返るチョウ貴裁湘南監督の歯切れは悪かった。引いて構えるべきか、高い位置で構えるべきか。選択の難しさについて、訴えかけているように聞こえた。

 だが、答えはハッキリしている。サッカーの発展に貢献しようとすれば、引いて構えるサッカーはバツだ。弱者が強者相手に高い位置からプレスを掛けに行くことは、確かに少々勇気が必要とされる行為かもしれない。川崎と湘南の戦力差を考えれば、引いて守った方が無難。よくいえば現実的な采配に見える。しかし、そうしたチームが増えると、リーグ全体のレベルは上がらない。選手の技術は進歩していかない。

 このチームのサッカーは、日本の普及発展に貢献しているのか。あるいは監督が自らの立場を守ろうとする、自己中心的なサッカーなのか。Jリーグ観戦における大きなチェックポイントになる。

 Jリーグだけに留まらない。ありとあらゆるサッカーにあてがわれるべき物差しになる。よいサッカーか否かの定義の分かれ目でもあるのだ。

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1521017855/

--- Sponsored LINK ---
 

▽おすすめ記事▽


6: 2018/03/14(水) 18:00:26.85 ID:xwJdB7eh0
引いて守れないチームは勝てない
欧州や中南米のトップチームでもあるまいし

10: 2018/03/14(水) 18:04:18.19 ID:P0vwhIq80
選手のレベルばっか唱えないで
審判の笛を吹く加減を変えようか

特にプロ審判がプレミアリーグを視察して、審判の協会(があれば)に話を伺ったりして

18: 2018/03/14(水) 18:08:44.10 ID:r+xcrneB0
>>10
プレミア(笑)

12: 2018/03/14(水) 18:04:28.07 ID:0+0llGli0
湘南が後ろで守るサッカーやるのは仕方がないと思う

20: 2018/03/14(水) 18:09:16.76 ID:rSSkw4t90
Jのインテンシティの低さは異常
ずつとチンタラやってるからな
ボクシングでいえば軽量級のボクサーがペチペチずっとジャブ打ってるだけの試合

スポンサードリンク




23: 2018/03/14(水) 18:09:43.12 ID:hdPtO/t80
対人するときの距離が長すぎ。もっと短くすればいい

25: 2018/03/14(水) 18:10:49.19 ID:kxSwZJeA0
Jリーグのレベルを上げるには、
まともな記事をかけるマスコミを増やし、
杉山みたいな無能なマスコミを排除して、
正しい批評ができるような環境にすることが必要だと思う。

26: 2018/03/14(水) 18:11:01.74 ID:OSDljkqR0
チームを減らして競争力をあげる

35: 2018/03/14(水) 18:15:37.59 ID:EnAa6dvI0
まず審判のレベルを上げろ
話はそれからだ

40: 2018/03/14(水) 18:18:22.90 ID:mtkr74dY0
早い展開になると審判が発狂するから
早い展開になりかけると不可解な笛鳴り始めてトーンダウンがデフォだから

50: 2018/03/14(水) 18:24:52.39 ID:eeFoW7Nt0
上がり目一杯ありますが

56: 2018/03/14(水) 18:29:46.55 ID:tF8E7gCX0
Jリーグの根本の問題は日本人に
サッカーやらせてることだよ
どうあがいても無理

65: 2018/03/14(水) 18:48:31.46 ID:P0vwhIq80
ジュニアユースから体幹とか戦術の型を教えるコーチをW杯優勝経験のある先進国から雇うことが必要だと思う。

フィジカルはユースからやればいい。