▽おすすめ記事▽


1: 2018/04/08(日) 12:17:59.47 ID:CAP_USER9
ポルティモネンセ(ポルトガル)でブレイク中の中島翔哉には、国内のポルト、ベンフィカ、スポルティングなどが興味を示していると報じられていた。だが、ここにきて国外クラブへのステップアップも現実味を帯びているようだ。

イギリスメディア『FourFourTwo』は、ドルトムント(ドイツ)が中島獲得に向けて動いているという内容の記事を公開。その見出しは「ドルトムントは中島獲得に切り替えた」というものだった。

「今季、すでにここまで9ゴール8アシストを記録している日本人は、3月に待望のフル代表デビューを果たした。ロシア・ワールドカップのメンバー入りも期待されるこのMFは、来季別のクラブに所属している可能性がある」

記事では「この若者は2020年までポルトガルのクラブと契約を結んでいる。2000万ユーロ(約26億円)の契約解除条項があるため、合意を取り付けるのはハードルが高いが」と前置きした上で、

「一部メディアによるとドルトムントとガラタサライ(トルコ)が彼に視線を送っている。また、ベンフィカもこのアタッカーの才能に目をつけた」と紹介している。

ドルトムントはペーター・シュテーガー監督が今季限りで契約満了となる見通しで、来季の体制はまだ不透明な状況にある。だが、これまで香川真司、丸岡満などがプレーしてきたドルトムントだけに、来季に向けた補強として気鋭の日本人選手に本腰を入れてもおかしくはない状況だ。

これまでポルトガル国内だけでなく、ドイツやトルコのメディアが中島の動向について報じてきた。イギリスのサッカーメディアも中島の動向について伝えるほど、移籍市場の人気銘柄として日に日に注目度が高まっているようだ

4/8(日) 11:40配信 GOAL
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180408-00000004-goal-socc

no title

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1523157479

--- Sponsored LINK ---
 

▽おすすめ記事▽


3: 2018/04/08(日) 12:52:27.39 ID:3tG/ZrwG0
真さんから真翔さんへ

4: 2018/04/08(日) 12:56:02.23 ID:V3oYodWK0
442

5: 2018/04/08(日) 12:56:33.08 ID:0R2HqSBk0
ドルトムント中島

7: 2018/04/08(日) 12:58:08.78 ID:SJpfAYDy0
全然馴染んでない代表にいきなり入ってあんな感じだから
大体のチームに馴染んであんな感じの働きはできるんだろうなと思った

8: 2018/04/08(日) 13:03:51.66 ID:nYXIQxmh0
中島は誰かさんと違ってアンダーでも実績あるからな