▽おすすめ記事▽

1: 2018/05/29(火) 09:15:01.45 ID:CAP_USER9
・世界が注目する超一流選手の「値段」

no title


 5月24日、J1リーグのヴィッセル神戸は、スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(34才)と正式に契約した。このニュースに、日本列島のサッカーファンは騒然。のみならず、世界中が目を瞠った。

 「神戸の選手が羨ましい!」

 多くのJリーガーたちも、一度でいいから共にプレーしたいと羨望の眼差しを向けた。プロの目から見てさえ、異次元の選手。そんなプレーヤーがJリーグにやってくるのだ。

 イニエスタは、どこがすごい、というレベルの選手ではない。

 スペインでは、人々は彼の背番号8を横に倒して、その才能を「無限大」と表現する。卓抜した技術と戦術眼によって、悉く敵の裏をかき、味方を活かし、ピッチで独自のフットボール世界を創り出せる。まさに「無限の人」と言ったところだろうか。

 もっとも、それだけの選手を日本に連れてくるのだから、相当の資金が必要になる。3年契約で、年俸は推定33億円。

 はたしてスポーツビジネスとして、これは高いのか、安いのか? 

・Jリーグ最高年俸の5倍以上

 まず、イニエスタほどのサッカー選手は世界を探してもいない。

 そのプレーの源流は、彼がバルサの下部組織で育ったことにある。無論、天賦の才もあったのだろうが、「時間と空間を支配する」という指導を徹底的に受けた。

 スモールスペースでは相手の裏をとる際だったボールコントロールを見せ、守備をかいくぐりながら、抜け出せる。そうかと思えば、ピッチの端っこまで見渡し、逆サイドにポジションの良い選手を見つけ、適時に精度の高いパスも送れる。

 イニエスタには、ポルトガル代表クリスティアーノ・ロナウドのようなパワーやスピードはないし、アルゼンチン代表リオネル・メッシのような超人的な得点力もない。

 しかし、ボールの道筋をデザインできる。一つのパスにメッセージが込められ、触った瞬間、味方に活路が与えられる。たとえボールを触らなくても、彼が立ち位置を変えるだけで相手は幻惑される。ボールの回りが良くなる。それは魔法に近い。

 最高のボールプレーヤーとして、イニエスタはバルサ、スペイン代表の中心となり欧州、世界を制してきた。

 今のJリーグの年俸は、ルーカス・ポドルスキ(ヴィッセル神戸)の6億円が最高で、その次はジョー(名古屋グランパス)の3億5000万円。日本人選手最高は遠藤保仁(ガンバ大阪)の1億5000万円と言われる。J1リーグの選手の平均年俸は2000万円強である。

 こうした数字を考慮に入れると、年俸33億円は確かに飛び抜けて高い。

 しかし、イニエスタがJリーグのクラブに入団するというニュースの発信力は当然凄まじく、日本中だけでなく、世界を駆け巡った。入団発表直後には、東京ドームへ東北楽天ゴールデンイーグルスの試合を観戦に訪れ、その映像が世界に配信された。波及効果は計り知れない。

 ヴィッセル神戸を運営する楽天の三木谷浩史社長はバルサと交渉し、すでに2016年から、4年間で280億円のパートナー契約を結んでいた。

 目的は国際的なブランド価値の向上。世界30ヵ国近くに取引先を持つグローバル企業にとって、こうした活動は欠かせない。とりわけヨーロッパ企業との取引では、スポーツ、特にサッカー界への貢献が大きなメリットになる場合も(主に信用という点で)少なくないのだ。

 楽天にとっても、イニエスタはアイコンとしてこれ以上ない存在だろう。

現代ビジネス 5/28(月) 12:00配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180528-00055839-gendaibiz-bus_all
決して高すぎるわけではない

no title


 一人の世界的プレーヤーとしては、33億円の年俸は決して高くはない。

 イニエスタは、バルサでも年俸800万ユーロ(約10億4千万円)を稼いでいた。彼のようなトップ選手がヨーロッパからアジアのマーケットに移籍することは、「下る」ことを意味する。

 楽天に先んじて交渉に入っていた中国の重慶当代は、約35億円+イニエスタが所有するワイナリーのワイン600万本=約46億円という破格の条件を出していた。イニエスタが現地に招待されていたこともあって、一度は「契約内定」とも報じられた。

 チェルシーから上海上港に移籍したブラジル代表オスカルは、年俸33億円+移籍金約90億円。メッシは年俸4000万ユーロ(約52億円)と言われる。世界トップレベルの選手の相場は、こんなものだ。

 なによりイニエスタの場合、契約満了のタイミングで、巨額の移籍金を払う必要がなかった。彼のようなトップ選手を、移籍金を支払って獲得する場合、必要な資金は100億円はくだらない。

 事実、バルサはブラジル代表コウチーニョを200億円以上支払って獲得しているし、パリ・サンジェルマンが、同じくブラジル代表ネイマールを500億円以上で売却する可能性も取りざたされている。

 34才になるイニエスタだが、今シーズンも衰えは感じさせず、チームに慰留されていた。「バルサと対戦するチームには移籍しない」という縛りを本人が設けていなかったら、競争はさらに激化していたはずだ。

 イニエスタが日本という地を選んでくれたことに、心から感謝すべきだろう。

 「韓国や中国にはあまり行きたくないよ。でも、日本はいいね!」

 欧州ビッグクラブのアジアツアーが流行っていた時期、バルサのある選手はそう洩らしていた。日本人の礼儀正しさ、真面目さ、イベントの進行の良さなど、「おもてなし」を気に入ってくれたようだった。

 国内クラブと対戦したときにも、グラウンドの管理が良く、スタジアムの雰囲気が友好的で、悪質なファウルをする選手が少なく、ボールプレーを好む点などに好印象を持ったという。

 日本に対するそうしたイメージが、あるいはイニエスタにも残っていたのかも知れない。
「33億円分の成功」とは何か

 では、イニエスタは金額に見合った成功を収められるのだろうか? 
 念のために書いておくが、イニエスタはシーズンに30得点する選手ではない。シーズン平均でいえば3、4点の選手だ。しかし彼の仕事はチームプレーを円滑にすることにある。それを弁えていないと、「1ゴール10億円!? といったとんちんかんな揶揄をするメディアが出てくるかもしれない。

 なにをもって「成功」とするのか。その定義は意外と難しい。

 ウルグアイ代表FWディエゴ・フォルランが、2014年当時Jリーグ史上最高の年俸6億円でセレッソ大阪に入団した際には、「ワールドカップ得点王」という触れ込みで日本中が大騒ぎになった。

 フォルラン自身、真面目な性格で親日家。さらにストライカーとしても経験豊富で、インテリジェンスに溢れていた。誰もが彼に期待していた。

 ところが、在籍した1年半の成績は、J1で7得点、J2で10得点。凡庸な成績で、チームを去っている。

 「ゴールが見えたら、もっと積極的にシュートを打て!」

 フォルランは若いセレッソの選手たちを叱咤したが、それが敬遠され、浮いた存在になってしまった。

 チームの選手同士の感覚が大きくズレた場合、そこに乖離が生まれ、超一流選手であっても機能しなくなる。神戸はこれを教訓とすべきだろう。

「監督を超える存在」にどう臨むか

https://amd.c.yimg.jp/amd/20180528-00055839-gendaibiz-003-2-view.jpg

イニエスタが受け取る年俸は、神戸の全選手やコーチ陣の年俸を合計した額よりも高い。チーム内の様々なヒエラルキーを壊してしまうレベルの選手を獲得したからには、腹を括って彼を「模範」と仰ぐしかない。

 どうやったらイニエスタが描くプレーのイメージに近づけるか。神戸の監督はそれを鑑み、選手たちはすべてを学び吸収するつもりで接するしかない。チームとしては歪で(イニエスタが監督をも超える存在になる)、必ずしも好ましくはないが、どこかに着地点を見いだすしかない。

 懸念があるとすれば、日本の高温多湿か。荒涼とした土地ラ・マンチャで生まれ育ったイニエスタにとって、相当に堪えるに違いない。これは本人も、周囲も、想定する以上の難関であることを覚悟すべきだ。

 イニエスタは選手としてだけでなく、人間としても手本にすべき人物である。

 スペインではどこのスタジアムに行っても、リスペクトされ、拍手を贈られている。善良で、私心がない。その人間性が素晴らしいからだろう。スペインリーグでは敵地に乗り込むと罵声を浴びるものだが、彼だけは別だった。その模範的行動が誰からも賞賛されるのだ。

 Jリーグ黎明期の鹿島アントラーズは、ブラジルの英雄ジーコを招き、常に勝利を目指す姿をチームの生き字引とした。鹿島が今も「王者」の風格を失っていないのは、一人の偉大な選手が残した教えが息づいているからだ。

 神戸は今後、イニエスタの「生き方」も含めて、クラブの礎とするべきかもしれない。イニエスタは、そういう役割を担うことができる選手である。33億円の価値は、そこにあるのではないか――。

 ただ一方で、イニエスタは愚直にプレーすることにこだわってきた男でもある。クラブの礎、象徴になることを「33億円分の成功」の基準とするのは、重すぎる期待なのかもしれない。今のところわれわれは、彼が見せてくれる世界を存分に楽しむべきなのだろう。

 「イニエスタのプレーを、日本で、ライブで見られる」

 それは世界中が羨む、至福のひとときなのである。


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1527552901

--- Sponsored LINK ---
 

▽おすすめ記事▽


3: 2018/05/29(火) 09:16:21.08 ID:XnF6jmsx0
0円移籍ですし

4: 2018/05/29(火) 09:16:32.75 ID:vEIIQEab0
支払いは楽天ポイントだろ?安い安い

6: 2018/05/29(火) 09:16:44.62 ID:ODPHSq370
今の段階でそんなの分からんよ。
でも三木谷にとっては安いもんだろう。

15: 2018/05/29(火) 09:19:51.48 ID:1sOELFdj0
どう考えても高過ぎ
費用対効果が低い

16: 2018/05/29(火) 09:20:37.82 ID:O5gBSQic0
高いだろ。
海外に「Rakuten」の名を広めたところで、
海外で成功してる事業がなにもないんだから。
Viberは利用者が多いけど、たいした儲けになってないしさ。

17: 2018/05/29(火) 09:20:45.79 ID:7sI+Tq4s0
実際はもっと安いだろ。
大きく見せておけば注目度が上がる。
どちらにせよ金額に見あった活躍は出来ないでしょう。

49: 2018/05/29(火) 09:28:05.17 ID:EW2eTWOG0
>>19
これ
周りが付いていけないだろうな

124: 2018/05/29(火) 09:43:20.29 ID:8ZpG3RRe0
>>19
逆にイニエスタは、いろいろ考えてくれるかもしれん。

21: 2018/05/29(火) 09:21:34.39 ID:W5lF+M4B0
元とれれいいけど

スポンサードリンク





22: 2018/05/29(火) 09:21:43.66 ID:QwOuSZmW0
安いだろ
三木谷夢をありがとう
大好きなイニエスタ見に行くぜ

25: 2018/05/29(火) 09:23:06.90 ID:JVc1nSMY0
Cロナの年俸が27億な

26: 2018/05/29(火) 09:23:09.66 ID:n+FCPjKW0
元はとれるから問題ない

40: 2018/05/29(火) 09:26:18.12 ID:najjkjRK0
バルサの育成システムと密になれるのが大きい パイプが出来た

42: 2018/05/29(火) 09:26:40.72 ID:/fUjyzCa0
全盛期のイニエスタを日本に連れてくるなら33億は安いが、今のイニエスタが33億は高すぎる
それだけ

43: 2018/05/29(火) 09:27:29.20 ID:pZOQG6Nn0
チーム総年俸より遥かに高いからな
他の選手にしたら「そんな金あったら少しは給料あげてくれよ」が本音だろ

50: 2018/05/29(火) 09:28:17.98 ID:najjkjRK0
日本で観れるて事時点で安い

51: 2018/05/29(火) 09:28:23.68 ID:zgC55vvJ0
海外事業は失敗してるの?成功してるの?

52: 2018/05/29(火) 09:28:38.69 ID:Luv09Lrj0
「こちら33億楽天ポイントとなります。」
 
イニエスタ「…」

55: 2018/05/29(火) 09:29:01.75 ID:najjkjRK0
メッシ クリロナに次ぐ選手だからな 安いだろ

67: 2018/05/29(火) 09:31:03.22 ID:F00+DB200
いくら知名度あろうがJリーグは不人気だし楽天の広告価値もない

89: 2018/05/29(火) 09:35:32.02 ID:ZmgbQ2DS0
安すぎやろ
バルサに280億払ってるのより安いわ

101: 2018/05/29(火) 09:39:07.83 ID:2vUYB9fW0
移籍金なしなんだからトータルでは安い方じゃないか?

109: 2018/05/29(火) 09:40:28.33 ID:x45qBAt10
ヨーロッパで楽天宣伝してヨーロッパの奴らが楽天利用するとは思えん

116: 2018/05/29(火) 09:41:27.76 ID:uc1dZle00
ヴィッセルからすりゃ高杉、三木谷からすれば格安