▽おすすめ記事▽

1: 2018/06/08(金) 15:53:26.27 ID:CAP_USER9
no title


日本代表がロシアワールドカップでグループリーグから勝ち上がるには、守るだけではなく、攻めて得点をする必要がある。

 5月30日のガーナ戦は、無得点に終わった。いくつか決定機は拵えたものの、ほとんどのシュートが枠を捉えていない。枠に飛んでも、GKを脅かすようなシュートは乏しかった。前半、ニアサイドでコースを変えたヘディングを、ファーサイドで受けた本田圭佑がシュートを打ち込んだシーン(相手GKが足で防いだ)が、一番可能性を感じさせた。

 「決定力不足」

 このままいくと、おきまりのフレーズが敗因に使われる恐れがある。

 日本はいかなる得点パターンを構築すべきか? 

・W杯で攻撃の「拠り所」となる選手は?

no title


ガーナ戦は0-2とスコア以上に完敗だったが、その理由は攻撃よりも、守備の脆さのほうにあった。

 「日本は前の選手の動きは活発だったし、ボールを運ぶこともできていたが、守備が少し弱かった」

 ガーナ陣営から洩れてきた話からも、敗因は明白だろう。

 守り云々もそうだが、ディテールの問題だ。

 例えば、先制点のFKを与えたファウルはイノセントで、そのFKに対する壁の作り方も甘かった。強力なキックを武器にするガーナ代表MFトーマス・パーティーに対し、日本の壁は不揃いでニアポスト側に人が足りず、しかもキックの直前に割れていた。トップレベルの戦いとしては、拙いプレーだった。

 また、2失点目もガーナGKが蹴ったロングボールに、香川真司が競りに入っているのだが、無邪気に互角勝負を挑んで完全に負けている。そのボールを裏に通され、慌てたGK川島が突っ込んでPKを与えてしまった。

 GKとセンターバックの連係は問題だが、その前に香川は相手よりも早くジャンプするなり、自由にジャンプさせない工夫で「空中戦の完敗」を回避すべきだった。

 蟻の一穴で濁流と化すのが、世界標準のゲームである。

 その点、日本が完敗だったのは間違いないが、攻撃そのものは可能性を秘めている。

 背番号4の本田が、その旗手だった。

 本田はトップの背後で自由に動き、攻撃の渦を創り出している。敵のラインの間にポジションを取って、ボールを受け、弾き出す。そこからのコンビネーションで何度か相手を崩している。

 本田は右サイドでボールを持つと、左大外から入る長友佑都を視界に入れ、左足で際どいサイドチェンジのボールを配球している。同サイドに注意を集めながら、左足で逆サイドの裏へ送るパス。これは、リオネル・メッシがジョルディ・アルバと見せるプレーでもある。

 トップ下、もしくは2トップの一角で自由にプレーしたときの本田は、十分にW杯でも拠り所になる。左足FKも含め、GKがどうにか弾き出すようなシュートを打ったのも、本田だけ。メキシコリーグでも二桁得点を決めており、得点感覚を失っていない。

 本田のプレーセンスは今も健在。W杯で奇跡を起こす糸口になるだろう。

現代ビジネス6/8(金) 15:00配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180608-00055978-gendaibiz-bus_all

たったひとつの可能な方針

no title


 それを活かすべく、もっと中盤の厚みを増すべきだ。


 例えば、ガーナ戦の3バックから4バックに組み替え、4-2-3-1、もしくは4-4-2の布陣にする。

 ケガの酒井宏樹を右サイドバックに入れ、吉田麻也、槙野智章(もしくは昌子源)、長友。長谷部誠をボランチに戻し、山口蛍と組ませる。左アタッカーに負傷中の乾貴士、右アタッカーに原口元気、2トップ気味に本田と大迫勇也、武藤嘉紀、岡崎慎司のいずれかをアレンジする。

 4バックで中盤の厚みを取り戻し、そこで攻守を安定させるのだ。

 ガーナ戦のように後ろが重たくなると、結局は相手に押し込まれ、中盤で守りきれない。また、中盤が数的不利に陥るとボールをつなげるにも困難が生じ、前線との距離も遠くなって、攻撃力は自ずと落ちる。

 そもそも3バックは相手が2トップのときのオプションであって、1トップのときにとるべき戦術ではない。人が余ってしまい、その一方、どこかで足りなくなるからだ(ちなみにコロンビア、セネガル、ポーランドは1トップ予想)。

 ガーナ戦のメンバーに加え、欧州のトップレベルで活躍している酒井宏、乾の二人が入る布陣は、大いに希望が持てるだろう。酒井宏はマルセイユでヨーロッパリーグ決勝進出、乾はエイバルでの健闘で来季はヨーロッパリーグに参戦するベティスへの移籍が決まった。

 二人の今シーズンのプレー水準は23人の中でも出色だ。

 とりわけ、乾は今や世界有数のサイドアタッカーの一人。スペインでのプレーで守備面が著しく向上し、1対1の強さが際立つようになった。敵ゴール近くで違いを生み出せる。

 「今日はドリブルで仕掛けるような選手が少なかった」

 ガーナ戦後、岡崎はそう洩らしていたが、乾はその役回りを適切に果たせる。スペインでは5得点とゴールする力も備える一方、長友、本田と連係することで、敵中深くまで崩すことも可能だ。

 「ゴールラインまで行って、マイナスにも戻すクロス」

 そこまで攻めきることが、日本の攻撃の活路ではないか。

 ガーナ戦、日本は14本ものシュートを打っている。しかし、枠を捉え、かつGKを脅かしたシュートはせいぜい2,3本だった。

 本番でコロンビア、セネガル、ポーランドを相手にこれ以上のシュートを打つのは難しい。シュート精度を高める、人を替える、もしくはアプローチを変えるしか打開策はない。ただ、精度向上は一朝一夕ではならず、人を替えるといっても、戦力は限られる。

 となると、アプローチを変えるしかない。



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1528440806

--- Sponsored LINK ---
 

▽おすすめ記事▽


3: 2018/06/08(金) 15:55:11.54 ID:CAP_USER9
死中に活を求める

no title


 ガーナ戦、日本はクロスから多くのチャンスを作っている。しかし、ヘディングやボレーはほとんど枠に飛ばなかった。

 強引にボールをネットに叩き込む、という膂力のある選手はベンチにも見当たらない。クリスティアーノ・ロナウド、ジエゴ・コスタ、ハリー・ケインの屈強さは望めないだろう。武藤には可能性を感じるが、現時点では切り札的投入が効果的だ。

 日本は各選手の技術がおしなべて高く、連係度に関しても、長く代表でプレーしてきた選手が多いだけに、決して低くはない。

 「地上戦」でパスを通し、幅を使って外から分厚く攻め、深く(ゴールライン近くまで)侵入。一人二人が前に突っ込んで潰れ、ラインを押し下げながら、少し後方(ペナルティスポット付近)でマークを外した味方に流す。エリア内で(フリーで)前を向いてボールを受けてのシュートなら、最も難易度が低い。

 「ペナルティエリアを策源地にした得点へのアプローチ」

 スモールスペースでのプレーを得意とする選手が多い日本にとって、これが次善策と言えるだろう。

 言うまでもなく、攻め切るのは至難の業だが、守り切ってのカウンターも同じように一筋縄ではいかない。西野監督が大島僚太、柴崎岳のようなスキルとビジョンのあるMFを選出したのも、イニシアチブをとりたい意図があるのだろう。

 マイナスのクロスは、個人のパワーや高さをウリにしないバルサの十八番でもある。

 「縦に速い攻撃」

 それがヴァイッド・ハリルホジッチ監督のアプローチだった。それは弱者の兵法として、正当だったと言える。2016年10月のオーストラリア戦は過去4年で、日本代表のベストゲームの一つ。プレッシングとリトリートの併用は、(今大会の守備戦術も含めて)財産として残すべきだ。

 しかし、フィジカル重視やカウンター偏重に選手たちは戸惑いを感じていた。

 日本には現時点で、スピードに乗った攻撃をフィニッシュできるような絶対的な「個」は見当たらない。走力はあっても、シュート技術が伴わないのである。モハメド・サラー、ラヒーム・スターリング、エデン・アザールのような「高速で走る戦車が大砲をぶっ放す」という選手が現れれば別だが…。

 今となっては死中に活を求めるべく、「能動的にボールを持ち運ぶ」攻撃を模索するしかない。多くの選手が、そこにフィーリングの良さを感じている。世界レベルでは、守備に回る時間が多分にあるのは言わずもがなだ。

 「決定機を作れなかったわけではなく、フィニッシュの形を突き詰めていきたい」

 西野監督は、ガーナ戦後に語っている。日本は6月8日(日本時間は9日)にスイス、12日にパラグアイと戦う。はたして、得点のパターンは生まれるのか。

10: 2018/06/08(金) 15:59:33.03 ID:7aArF7O80
今は決定力不足じゃなく決定機不足だろ

11: 2018/06/08(金) 16:00:44.02 ID:tLtb4dRg0
決定力だけはある本田さんの出番やな

22: 2018/06/08(金) 16:27:40.13 ID:8/B6Vv6A0
なんで枠の中に蹴る練習をしないのか不思議でならない
サッカー選手って馬鹿多いの?
宇宙に飛んでいってるのに頭抱えて苦笑いとかwwwwww

スポンサードリンク





33: 2018/06/08(金) 16:34:00.44 ID:OY6XEA2M0
決定力不足じゃなくて決定機が作れていないだけ

決定機がないのに決定力不足とか何言ってんだw

34: 2018/06/08(金) 16:38:54.87 ID:fsJvgj170
>>33
サイドから放り込んだら決定機とカウントだからw

35: 2018/06/08(金) 16:45:13.10 ID:SycW5F9+0
守備崩壊すれば決定力不足とは言われない

50: 2018/06/08(金) 17:13:22.78 ID:Usuwt2pb0
まともなの乾ぐらいだろ
そこそこスピードがあってテクニックもある
代表はどっちも全く足りてない

周りが貧弱ノロマ老人でもとりあえずスペースにドリブルしてパスコースを探してくれる
乾を模範にするんじゃなくて最低水準にしないとパスサッカーも守備もできない

60: 2018/06/08(金) 17:27:19.44 ID:CZ2jnz9S0
中島も永井もいないのにそんな選手絶対にいないと確信してる

61: 2018/06/08(金) 17:28:10.79 ID:h4g8JzSH0
>>60
永井て。

66: 2018/06/08(金) 17:41:19.83 ID:WfhLfPZ10
だからあれほど鈴木武蔵を入れておけと
武蔵は今ワールドクラスに近い位置にいる選手