▽おすすめ記事▽

1: 2018/06/13(水) 05:51:26.10 ID:CAP_USER9
縦へのスピードを生み出したのも柴崎だった

6月8日のスイス戦から先発10人を入れ替えて臨んだパラグアイ戦は4-2と勝利。

 立ち上がりから巧みなゲームメイクが光ったのが、ボランチの柴崎岳だ。開始1分にいきなりズバッと前線にパスを付けると、その後も香川真司や岡崎慎司に同じようなパスを送る。足もとへの横パスが目立ったスイス戦とは違ってパラグアイ戦では、このMFが縦へのスピードを生み出すことで、日本が相手ゴールに迫りそうな場面がいくつかあった。
 
 この日の柴崎はプレースキッカーとしても素晴らしかった。40分にFKをバーに当てると、後半にはCKからオウンゴールを誘発。それ以外のセットプレーでも際どいボールを蹴っており、現時点でフリーキッカーとしては本田圭佑よりも明らかに上だろう。
 
 柴崎の縦パスを警戒したパラグアイが中央部のエリアに意識を向けると、今度は武藤嘉紀と乾貴士がサイドから切り込む。4-2-3-1システムの右サイドに入った武藤は空中戦での競り合いで強さを見せつけると、地上戦になっても当たり負けしなかった。むしろ相手を吹っ飛ばすくらいの太々しさがあり、不慣れな右サイドとはいえ好印象を残した。
 
 もちろん、乾貴士の活躍も忘れてはならない。51分に香川真司との連係から技ありミドルを突き刺すと、63分にも同じような角度から再び右足でゴールネットを揺らす。32分にスローインから先制されて少し沈んだムードを払拭したのが、このテクニシャンだった。「個の部分で打開する」という敵エリア付近での大前提をひょうひょうとやってのけるあたりに、乾の底力を感じた。
 
 さらに1得点・2アシストの香川も、スイス戦の本田に比べればトップ下として十分な働きをした。80分の原口元気からのプレゼントパスをモノにできなかったのはいただけないが、3ゴールに絡んだ働きはやはり評価に値した。

ワールドクラスの美女揃い! W杯出場選手の「美人パートナー」たちは必見だ!

 軽快に相手を交わしたり、後方からのパスを巧みなターンで受けたりと“らしさ”は見せていただけに、この試合でのパフォーマンスはポジティブに映った。
 
 もっとも、文字通りフレンドリーマッチの雰囲気で戦っていたパラグアイのスタンスを考えると、手放しでは褒められない。むしろ、そんなパラグアイに先制されてしまうところに看過できない問題がある。3-1とリードして迎えた90分にもリチャル・オルティスにミドルを決められた点も含め、無失点に抑えきれない守備陣には相応の課題が残った。
 
 スローインを含むセットプレーでの対応がなにより厳しかったので、本大会でも極力相手にそうしたチャンスを与えたくない。ファウルをするならセンターライン付近と、一種のマリーシアを駆使しないとワールドカップでは勝てないだろう。
 
 攻撃に目を向けても、決定機逸が多かった。オフサイドになったとはいえ、69分の無人のゴールへのシュートミスには失望させられた。ストライカーなら少なくとも枠に入れないといけない。

サッカーダイジェスト6/13(水) 5:18配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180613-00041954-sdigestw-socc

no title
これで西野監督は頭を悩ませることに

パラグアイの運動量が後半になって明らかに落ちた影響もあり、日本が結果的に快勝したものの、攻撃と守備の両方で詰めの甘さがあったのも事実だ。
 
 ケチをつけようと思えば、どんな試合でもそういうことはできる。ただ、細かい内容はどうあれ、ワールドカップ前に勝利できたのがなにより大きいだろう。
 
 ただ、これで頭を悩ませることになったのが西野朗監督だろう。チームとしての戦いぶりはいわゆるレギュラー組を使ったスイス戦より断然良かった。もちろん、スイスとパラグアイで力量の差はあるが、パラグアイ戦に出場した選手の多くがアピールしたのは事実だ。
 
 さて、西野監督はコロンビア戦に向けてどんなスタメンを思い描くのか。香川か本田か、大島か柴崎か……。指揮官は頭を大いに悩ませることになるだろう。
 

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1528836686

--- Sponsored LINK ---
 

▽おすすめ記事▽


4: 2018/06/13(水) 05:56:27.86 ID:o1kU+MOy0
遠藤ヤットと同じ物怖じしないタイプだから大舞台のスタメンには向いてる
レアルから点取ったしな

5: 2018/06/13(水) 05:56:43.89 ID:fCVGgerv0
本田が俊さんから奪って岳に奪われる
一時代が終わったな

6: 2018/06/13(水) 05:56:47.72 ID:iMeEL2CP0
知ってた。

8: 2018/06/13(水) 05:59:02.54 ID:yhz041zQ0
柴崎まじやばい
なんか中心選手みたいなオーラがでてたわ

11: 2018/06/13(水) 06:01:36.93 ID:1yCatjDs0
>>8
そりゃ中学生から山田の象徴でありつづけて
プロじゃまんおの英才教育だぞ
リーダーとしての経験値が違う
大島と一歳しか変わらないとか、言われないとわからないだろ

スポンサードリンク






16: 2018/06/13(水) 06:06:45.83 ID:TBb565vI0
>>8
むしろ遅すぎ

9: 2018/06/13(水) 06:00:13.98 ID:maS1sHVp0
大体もう答えは出たんじゃないかな?

13: 2018/06/13(水) 06:05:19.50 ID:fm6kLyML0
守備はまだ不安なところもあるけど前向いてパス入れられるのは良かった
最近の代表でああいうプレー見ないから

15: 2018/06/13(水) 06:06:04.12 ID:nKFt1I310
プレースキッカーとしてそこまでの差があるとは思わないけどな。

18: 2018/06/13(水) 06:07:02.21 ID:o1kU+MOy0
>>15
いや柔らかいボールの質が全然違うだろ

21: 2018/06/13(水) 06:11:19.38 ID:nKFt1I310
>>18
それは質の違いであってプレースキッカーとしての能力の差ではないだろ。
明らかに上と言えるの清武辺りだ

17: 2018/06/13(水) 06:06:46.82 ID:e4QzbRNv0
これからエゴを出していく(意味深)

29: 2018/06/13(水) 06:15:23.84 ID:1VptXy290
見どころは柴崎だけだった

34: 2018/06/13(水) 06:20:25.98 ID:nKFt1I310
香川はまだ最大の課題が残っている。
親善試合ではない、大事な試合で活躍するという課題。