サッカー_02

▽おすすめ記事▽

1: 2018/07/30(月) 21:05:06.86 ID:CAP_USER9
ジョゼ・モウリーニョにとって物事は上手くいっていないようだ。

マンチェスター・ユナイテッドはアメリカツアーで低調なパフォーマンスを示している。26日に行われたインターナショナル・チャンピオンズ・カップ(ICC)ではACミランとドロー、そして28日のリヴァプール戦では、スイス代表ジェルダン・シャキリのバイシクルゴールを含む4失点を喫し敗戦。

シメオネ「メッシかロナウドを選ぶとしたら迷いなくメッシだ」

この試合後、同指揮官は今年からシーズン開幕前(2018/19シーズンは8月9日)に閉じる夏の移籍市場において、クラブのディレクター陣が自身の希望を満たしてくれていないと不満を露わにした。

「あと2人選手が欲しいんだが…手に入らないだろうがね。私が興味を持つ5人の選手のリストを渡したし、少なくとも1人は来ることを願っている。もしそれが可能でなければ、我々は戦い、努力し、今ある者を信じ続ける」

現在までに、ユナイテッドはポルトから19歳のポルトガル人SBディオゴ・ダロト(2,200万ユーロ)、シャフタール・ドネツクから25歳のブラジル代表MFフレッジ(5,900万ユーロ)、ストークから35歳のベテランGKリー・グラント(1,700万ユーロ)を獲得。
そして昨シーズン、ローン移籍していた攻撃的MFアンドレアス・ペレイラ(バレンシア)、左SBキャメロン・ボースウィック=ジャクソン(スカンソープ・ユナイテッド)が復帰を果たしている。

■マルシャルへの批判

また、モウリーニョは試合後会見において、第2子出産に立ち会うためチームを離れたフランス代表FWアントニー・マルシャルへのメッセージをはっきりと語った。「彼には赤ちゃんが生まれた。神のおかげで丈夫で健康だそうだ。だが彼はここにいるはずだったのに、いない」と不満を示し、休暇を続けているW杯出場選手にも言及。

「一つだけ願うのは休暇中の選手達が体調に気を付けて、チームを助けるために早く戻ってきたラッシュフォードや(フィル・)ジョーンズのようにしてほしいということだ。我々は問題を抱えたままシーズンに入ることになるからね」と、プレシーズン開始の数日前に怪我をしたチームキャプテンのアントニオ・バレンシアに毒突いた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180730-00010015-sportes-socc

57: 2018/07/30(月) 22:43:34.79 ID:6F+dnyl50
>>1
シメオネのコメントいる?


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1532952306

--- Sponsored LINK ---
 

▽おすすめ記事▽


6: 2018/07/30(月) 21:07:20.28 ID:MEpc3ntT0
ケイスケホンダやな

9: 2018/07/30(月) 21:09:38.41 ID:cfGnu+Lm0
シンジ呼ぼうぜ。

15: 2018/07/30(月) 21:14:33.05 ID:F3XYSdpI0
インテル三冠達成した時がピークで後は落ちるばっかだなあ
何でこんな事になったんだ

41: 2018/07/30(月) 22:02:36.71 ID:Jk9u9iyU0
>>15
2010年を境にサッカーの戦術が進化するスピードが上がりまくったから
それまでせいぜい5年か10年に1回どこかの名将が革新を生み出すくらいのペースだったのに分析のIT化と試合中継のグローバル化で瞬時に試合映像とデータが手に入る時代になって、戦術の更新が1年毎に起こるようになってしまった

60年代はまだマンツーマンでの時代だった
だが個人技に優れた南米勢を止めるのが難しくなる
そこで60年代後半からカバーリングを容易にするラインDFが導入される

70年代に入りこのラインDFを突破を目指してポジションチェンジが導入される
クライフ、ベッケンバウアーの時代がこれだ

そして80年代に入るとこのポジションチェンジやテクニシャンを潰す組織守備が構築し始める
サッキミランのゾーンDFとラインDFを組み合わせたプレス→90年代前半セリエのそのプレスをDFのみならずMFやFWにも行わせるように

2000年に入り、テクニシャンを活用するためいわゆるトップ下と呼ばれるプレスのキツイ位置からプレッシャーの薄いサイドや一列後ろのボランチに配置されるようになる
ジダン、ロナウジーニョ、ピルロあたりがこれだ

そしてモウリーニョがポルトで彼特有のブロック守備の理論を構築、確立させてバイタルエリアからサイドまでを強固にしてCLでその効力を示したのが2003年、もう15年前

1、それをチェルシーに持ち込み2000年代前半のプレミアの隆盛を引き起こす

2、そのブロック守備を崩す方法論として間受け、楔、サイドアタック、前プレを併用したペップバルサを始めとするポゼッションサッカーが生まれる(これでさえ2008年、もう10年前)

3、このポゼッションサッカーに対して守備を固めるのではなく、走力で囲い込みトランジッションの回数を意図的に増やす事でミスを誘発してショートカウンターを狙うゲーゲンプレッシングが生まれる
2012-13シーズンにドルトムントがレアルを、バイエルンがバルサを完膚なきまでに叩きのめし2014年にドイツ代表がワールドカップで優勝した事などに象徴される

4、そのゲーゲンプレッシング封じのために生み出されたのがプレス外しの可変フォーメーション
象徴的なのが433のアンカーがDFラインに吸収され、更にSBが前に張り出し、3バックに移行させる事で前プレを空転させてビルドアップを行う手法

5、この可変フォーメーション対策として練り上げられたのがポジショナルプレー
つまりラインやブロックではなく、選手個々のポジショニングによる「網」を作って相手が可変フォーメーションで行うビルドアップのボールを搦め捕り、同時に攻撃へ瞬時に移れるようにする攻防一体の策

6、このポジショナルプレー破りとしてサイドバックをインサイドに動かしたり、逆にボランチをサイドに張らせたりなどのポジションチェンジにより
敵のポジショナルプレーによるポジショニングから斜めなどにズレて敵のコースカットやプレスを無効化させてビルドアップからの縦パスを入れていく戦術が現在生まれつつある

ちなみに近年ウイングの選手の移籍金が馬鹿高くなっているのはこのポジショナルプレーとビルドアップの出口がサイドの高い位置にしか無くなっているから
バイタルエリアはもうトップ下の選手の個人技頼りなんかではもう攻略出来ない
ピッチを縦に5分割した5レーンのセンター、インサイド、アウトサイドのうちサイドの奥、またはハーフスペースと呼ばれるインサイドのPA角
この小さなスペースを活用するしかなくなっている


スポンサードリンク






46: 2018/07/30(月) 22:20:22.12 ID:adFznTOQ0
>>41
詳しすぎワロタ

49: 2018/07/30(月) 22:26:15.55 ID:d3U9oTKw0
>>41
4までは分かった。でも、可変フォーメーションになぜポジショナルプレーが有効なのかわからない。
そもそも網とブロックの違いが分からない。

16: 2018/07/30(月) 21:14:42.25 ID:cdKR3hng0
今ならガム爺の凄さがわかる

17: 2018/07/30(月) 21:17:11.27 ID:qjjVD3U20
なんか、ベニテスみたいになってきたな…
さびしいね

22: 2018/07/30(月) 21:23:33.54 ID:j9UcdCbZ0
FFP気にせずに1番金使えるクラブなんだから
移籍金200億とかで選手補強してほしいわ

105: 2018/07/31(火) 02:16:51.51 ID:1oNMosW+0
>>22
大金使って高いサラリーで選手獲得することによってライオラを刺激することを上層部が恐れてるような気はする
ポグバともそろそろ契約延長の話を始める時期でもあるし

25: 2018/07/30(月) 21:26:33.59 ID:udOaMtUb0
高い金払ってバスを停泊させてあげるプロ駐車場

26: 2018/07/30(月) 21:29:16.99 ID:pyh3LOqd0
リヴァプールにいい選手がどんどん来てマンUがしょぼいのは
クロップとやりたい&モウとやりたくないってのが少しはあるんじゃないかと思う

30: 2018/07/30(月) 21:34:16.80 ID:panhUAy70
>>26
そうだろうし
デイマリア、ファルカオ、ズラタンでさえ使い捨てられるの見てたら
行きたくないだろう

35: 2018/07/30(月) 21:44:29.66 ID:SUHx8VnS0
モウリーニョ「デブライネが欲しい」

44: 2018/07/30(月) 22:16:22.88 ID:wbUqHK0S0
マルシャルへのメッセージがクズすぎだろ

45: 2018/07/30(月) 22:17:17.19 ID:wutIWv1E0
バレンシアがキャプテンってマジかよ

92: 2018/07/31(火) 00:30:18.86 ID:tbu4Wuag0
シンジカガワどうすかね?