no title

▽おすすめ記事▽

1: 2018/08/13(月) 21:16:45.13 ID:CAP_USER9
 「1カ月半休みがあって、それだけ休んだのは初めてだったので、何をしたらいいか分からなかったです。家でゆっくりしたり、思い出に残ってることといえば、リスボンを観光したのは楽しかったですね

 海外挑戦1年目となる昨シーズン、ポルトガルのプリメイラ・リーガのポルティモネンセに所属し10得点12アシストの好成績を残しリーグ戦を終えた。オフの思い出を中島翔哉が語った。

 何をしたらいいか分からなかった1カ月半のオフに、世界中が熱狂したロシアワールドカップが開催された。

 5月31日、西野朗監督(当時)によりロシアワールドカップ(W杯)に挑む23人の日本代表メンバーが発表された。

 そのメンバーの中には、ポルトガルのポルティモネンセで大ブレイクを遂げ、3月の日本代表のヨーロッパ遠征で唯一の収穫とも言われたFW中島翔哉の名前がなかった。

 このニュースは、日本だけでなく、ヨーロッパ各地でも大きく報道された。

 「ハリルホジッチ監督が更迭されて、監督が代わり正直メンバー入りは厳しいと思ってました。実際にそうなりましたが、ワールドカップだけがサッカーの全てではないと思ってるので、落ち込むことはなく、常にサッカーを楽しむ事を1番に考えています」

■中島翔哉がみたロシアワールドカップ

 大会前は「年功序列ジャパン」と揶揄されたメンバーだが、戦前の予想を大きく覆し、決勝トーナメントへ進んだ。ロシアワールドカップ3位となったベルギー代表に激闘の末敗退し、悲願のベスト8まで、あと一歩と迫った日本代表のサッカーを中島翔哉はどのように感じたのか。

 「ベスト16という結果は日本にとってはいい結果だと思いますし、これを次の大会に活かしていかなければいけないなと思います。メンバーも変わると思うので、そこで若い選手がもっと選ばれていくような国というかチームになっていければと思っています。

 ベスト8以上の国っていうのはサッカーが文化になっている国ばかりだと思うのでその違いもあると思いますし、ヨーロッパ、南米のチームの方がよりシンプルにサッカーを考えていると思うので、その差は大きいと思います」

 ロシアワールドカップでベスト8以上で印象に残った選手としてフランス代表のムバッペ、グリーズマンとともに、ベルギー代表のアザールといった攻撃的な選手を挙げ、日本人にはなかなか真似の出来ないプレーが印象に残っていると言う。

つづく

8/12(日) 6:00配信 東洋経済
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180812-00233181-toyo-soci 
 それは、日本代表がベルギー代表にロスタイムで奪われた逆転ゴールもそうだ。

 「カウンターの時に中盤でボールを受けて迷わず相手ゴールに向かうドリブルが多いですけど、その迷いのなさというのは、日本人にはなかなか真似できないというか、その感性を表現出来る日本人は少ないと思います」

 フランスの優勝で幕を閉じた2018年のロシアワールドカップ。日本代表もロシアの地で世界のサッカーシーンに大きなインパクトを残し、その勢いを引き継ぐべく7月26日、日本代表監督に森保一(もりやす・はじめ)氏が就任した。

 森保監督は、東京オリンピック代表監督を兼任する形で2022年のカタールワールドカップを目指すことになる。

 「年代間の融合をはかり世代交代を進める」というスローガンを掲げ、日本代表に新たな風を吹かせるような、若手選手の抜擢や強化が最も重要なポイントになる。

 日本代表は、9月、10月、11月にも親善試合のキリンチャレンジカップが各月2試合ずつ組まれている。

 森保監督体制での初陣は9月7日に行われるチリ戦だ。

 そして、2019年は1月からAFCアジアカップ2019(開催地はUAE)が開催される。

 長いようであっという間に巡ってくる4年後のワールドカップを中島翔哉は、どうイメージしているのか。

 「ワールドカップが毎年あったらいいんですけどね(笑)。

 簡単には4年後は想像できないですけど、小さい頃からの憧れの場所なので選ばれたら日本のためにプレーしたいと思いますし、これから4年間、海外で活躍してより良いプレーヤーになれるように日々のトレーニングから頑張っていきたいと思います」

■中島翔哉が所属するポルティモネンセとは

 クラブ創設は1914年と古く、ポルトガル最南端のリゾート地、ポルティモンに本拠地を置く。ポルティモンは人口3万人の小都市だ。2017-18シーズンはリーグ戦を18チーム中10位で終え、中島翔哉も初のヨーロッパ挑戦ながらも10ゴール12アシストと申し分のない結果を残した。

 8月14日に開幕する新シーズンからは、背番号が10番になった。さらなる飛躍を期待される中島翔哉がポルティモネンセの魅力を語った
 「ポルトガルのリーグは全体的に攻撃的なサッカーをするチームが多いので、ポルティモネンセもボールを持ったらゴールに全員が向かう、縦に速いサッカーが基本なので見ている側はすごく面白い。サッカーのスタイルもすごく攻撃的で速くて強い選手や上手い選手がたくさんいて日本人がやりやすいクラブだと思います」

 現在ポルティモネンセのテクニカルディレクターとして活躍するのは、Jリーグの浦和レッズで大活躍したロブソン・ポンテ。チームとして5年間のプロジェクトを掲げ、若い選手を連れて来て、1年目はアダプテーション(適応)とモチベーションを高め、エリート軍団の若い選手を育成している。

 ポルティモネンセは、ポルトガルのプリメイラ・リーガでは年齢の若い選手が最も多く、海外からも積極的に選手を集めているチームで、現在7国籍の選手が在籍している。

 ブラジル、ポルトガル、ガーナ、ナイジェリア、スペイン、アルゼンチン、日本。

 国際的なチームを目指しながらも、クラブには5人の日本語を喋れるスタッフもいることから、将来は、5、6人くらいの日本人選手を連れて来て日本向きのヨーロッパのチームに育てたいという意向がある。

 中島翔哉が移籍後すぐにフィットできた理由には、チームメイト・監督・スタッフの人たちが快く受け入れてくれたことも大きい。はじめからプレーしやすい環境だった。

 「チーム全体がゴールに直結する動きを90分し続けるので、そこが自分に1番あっている部分なのかなって思います。チームメイトが本当にいいパスをくれることも多かったですし、みんなで協力してとった得点だと思います」

 昨シーズンの活躍でビッグクラブへの移籍報道が過熱するなか、ポルティモネンセが設定している移籍金を満額払えるようなクラブはまだ現れていない(8月11日時点)。

 中島翔哉は、ヨーロッパでプレーする事によって様々なチャンスを掴みながら、どこのリーグやクラブでプレーしたいという願望より、そのクラブがどういうプレーを志し、自分がしっかりフィット出来るかを大事にしているという。

■中島翔哉が描く未来像

 ロシアワールドカップ開幕2週間前に行われた東洋経済オンライン編集部主催のTREND CAMPというイベント内で発表された、読者が選ぶ「もっとも期待する選手」(注:5月31日のメンバー選考直前に読者1042人に聞いたアンケート)。 
本田圭佑、乾貴士に続く3位に中島翔哉の名前が挙がった。 

 ロシアワールドカップを見ていても、もしも中島翔哉がいたらと思う試合、シーンは何度かあった。 

 左サイドからカットインしてからの右足シュートでゴールを狙う形が十八番であるが、爆発力と攻守両面にわたる献身性をチームに与える事が出来たかもしれない。 

 日本代表で攻撃のキーマンとして大活躍した乾貴士はワールドカップ後に、2022年のカタールW杯へ向けて「同じポジションに若くて良い選手がいる」と発言をした。名指しこそしなかったが、これは中島を指すと考えても間違いではないだろう。 

 乾貴士らのゴールだけでは越えられなかったワールドカップベスト16の壁を、4年後は中島翔哉のゴールでベスト8へ導く、そんな未来を期待しながら、1番大切にしているという“サッカーを楽しむ”姿を世界中のサッカーを愛する人々に届けてほしい。 

 (文中敬称略)

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1534162605

--- Sponsored LINK ---
 

▽おすすめ記事▽


6: 2018/08/13(月) 21:18:50.51 ID:sJBE8GTk0
まだ20代前半、2022年を目指せ!

11: 2018/08/13(月) 21:21:27.56 ID:asb44Nv5O
中島より活躍したチームメイトのファブリシオが浦和で微妙…

13: 2018/08/13(月) 21:22:19.78 ID:n2Pb3PF/0
逆にハリルに干され気味だった乾がMVPの活躍するなんてわからんもんだなぁ

50: 2018/08/13(月) 21:51:22.54 ID:W6LFVHh10
>>13
そら監督が違いますからねぇ
ハリルは中島のが良かったと思う

26: 2018/08/13(月) 21:32:37.78 ID:yu7+Gucu0
ポルトガルリーグってJリーグ程度のレベルなのにちょっとくらい活躍したからって
代表に呼ばれるわけ無いだろ。

28: 2018/08/13(月) 21:33:34.15 ID:6WkoIJcO0
負けたベルギー戦は交代枠余らせ、尚且つ交代させるべき駒が無いという最悪な負け方だったな
あの時中島もしくは浅野が居たら

30: 2018/08/13(月) 21:34:36.59 ID:g6HGJuGs0
はよスペインに行け!
ポルトガルはもう活躍出来たからいいやろ

34: 2018/08/13(月) 21:37:11.28 ID:JkRmeigJ0
西野の目が節穴じゃなければ、宇佐美なんか選ばず中島選んだんだけどね。
西野は藤ヶ谷やDF中澤を使い続けるとか、選手の選択眼が極端に低いから、まぁ仕方ないけどね。

35: 2018/08/13(月) 21:39:21.73 ID:zFd4Ok1w0
まあ次頑張れ
今回は自分たちらで出場とった選手がメインでしかたないわ
それほど予選苦しいからな、自分の海外のクラブを犠牲にしてまで頑張ったわけだし
それくらい二本との往復きついんだよ
中島もそれで活躍できるくらいにならんとな

36: 2018/08/13(月) 21:39:38.89 ID:omTcFmYT0
宇佐美も武藤もほんと無駄枠だった

スポンサードリンク





37: 2018/08/13(月) 21:39:46.60 ID:sE87kKei0
中島も堂安も
みんなブンデスでもいいじゃんか
 
ベルギーやオーストリア組は厳しいけど
ポルトガルやオランダってのも
ステップアップできないリーグなんかね?
 

42: 2018/08/13(月) 21:42:46.48 ID:SZX6SUfo0
>>37
少なくともオランダは吉田がプレミア、ハーフナーがリーガに行ってるからステップアップの前例ある

45: 2018/08/13(月) 21:44:56.35 ID:69kAPDck0
>>37
リーグよりクラブや年齢の方が関係ある

49: 2018/08/13(月) 21:49:28.19 ID:nPW1Z2z10
まあ1番の被害者は久保なんだけどな
レギュラーじゃなくても控えレベルまでは確定だったはずなのに怪我の岡崎と代表に全く呼ばれてない武藤に弾き出されたからな
ポーランド戦の控えチームでも久保なら周りとの連携は問題無かった
でもメンバー発表時には武藤は選ばれて当然てレスが芸スポであふれかえってたな

56: 2018/08/13(月) 21:56:01.88 ID:SZX6SUfo0
>>49
そりゃあ武藤はブンデスで得点してたからな
本番では糞だったが選ばれること自体は妥当
むしろ選手に個の力を求めるハリルが何でかたくなに武藤を否定してたのか知りたいぐらいだ

62: 2018/08/13(月) 21:58:44.95 ID:nZ5o2Bng0
>>56
親善試合であれだけハリルの意図を理解しないプレー繰り返して
なんで選ばれるって思ってたのかわからん
実際本番でも信じられない視野の狭さを露見したしな

63: 2018/08/13(月) 21:59:30.39 ID:3o65adNW0
>>56
なぜかは自分の目で見たでしょ
そもそも武藤は代表25試合2ゴールの男でしかない
しかも極めて不器用ときている

65: 2018/08/13(月) 21:59:54.55 ID:CBR1ce7V0
4年後W杯の時はもう28歳か
プレースタイル的にピーク過ぎてるかもしれないし2列目は若手でも奪いやすいから簡単ではないな

71: 2018/08/13(月) 22:05:51.74 ID:jh/gjcqd0
中島と堂安でポーランド戦見たかったわ
宇佐美も武藤もクソの役にも立たなかった

103: 2018/08/13(月) 22:31:17.66 ID:4nu+mrhY0
まあ監督変われば恩恵受ける選手と同数不利益受ける選手がいると言うこと
メディアは不利益受けた選手に取材しないし報道しない、不利益受けた選手も積極的に発信はしない