no title

▽おすすめ記事▽

1: 2018/09/24(月) 00:12:28.00 ID:CAP_USER9
 「結果が出なかったことは僕に責任があるし、敗北には理由がある。僕は、今日の敗戦を忘れることはないでしょう」カンボジア代表の監督に就任した本田圭佑(32)の初陣となった9月10日のマレーシア代表戦では、先制しながらも1-3の逆転負けを喫した。

 本田が9月4日、初めてサッカー・カンボジア代表の練習で指揮を執った。指導者ライセンスを取得していないため、肩書はGMだが、実質的な監督だ。マレーシアとの親善試合では逆転負けはしたが、練習段階では専門誌の記者から「可もなく不可もなく」と評価されている。

「指導者側が目立つのはいいとは言えない。何をやっているのか分からないくらいがちょうどいい」(同)との皮肉の声も聞かれたほどで、今季J1のヴィッセル神戸入りした元スペイン代表のアンドレス・イニエスタ(34)と比べると、その差は歴然である。

「神戸選手の名前と顔、あだ名、経歴までしっかり暗記していたんです。実戦デビューするまで、全体練習に参加したのは、たった2回だけなのに」(関係者)

 その理由についても、選手でありながら「チームを強くする義務がある」と語っているという。

 イニエスタは世界屈指の名門クラブ、FCバルセロナで16年間プレーした超一流選手。その高度なテクニックから「魔法使い」とも称されてきたが、決して偉ぶることはない。

「通訳なしで会話は成立しませんが、練習中もチームメートに直接話し掛けたり、何か言いたげに相手の方を見たりします。世界のトッププレーヤーにそんなことをされたら、日本人選手のほうが焦ります。なんとか英語で対応したり、日本人選手のほうから通訳を探したり、コミュニケーションをとろうと必死です」(同)

 イニエスタは英語圏の出身ではなく、スペイン語が母国語だが、食事会にも積極的に参加するそうだ。世界のトップがどんな考え方でサッカーに取り組んでいるのか、神戸選手も興味を持たないはずがない。チームは確実に変わりつつある。これが「一流」と「超一流」との違いなのか――。

スポーツ 週刊実話 2018年09月23日 17時03分
https://npn.co.jp/sp/article/detail/92595442/


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1537715548/0-

--- Sponsored LINK ---
 

▽おすすめ記事▽

2: 2018/09/24(月) 00:13:57.95 ID:wyctFpSr0
一流 イニエスタ
超一流 本田圭祐

違いは髪の量

77: 2018/09/24(月) 01:34:23.06 ID:sZq3I1Mf0
>>2
眼力なら本田の方が上じやね?

4: 2018/09/24(月) 00:15:50.57 ID:emF4TBYk0
なら中田ヒデは三流だな

6: 2018/09/24(月) 00:16:29.94 ID:chgJByhp0
ニセモノと本物の差だろ

10: 2018/09/24(月) 00:17:03.47 ID:KCoZJcYs0
正確には、超一流とレジェンドの差だな

15: 2018/09/24(月) 00:21:06.24 ID:Jqe1c6qh0
イニエスタは特別でしょ。いかにも良いやつっぽいし

102: 2018/09/24(月) 03:44:52.10 ID:lW1X4Zmp0
本田の方が普通に貢献しそう