1: 2019/04/20(土) 16:58:56.00 ID:EOX+EgIH9
清水 1-0 C大阪
[得点者]
82'北川 航也(清水)

スタジアム:IAIスタジアム日本平
入場者数:11,028人
https://www.jleague.jp/match/j1/2019/042004/live/#live


鹿島 1-0 仙台

[得点者]
66'犬飼 智也(鹿島)

スタジアム:県立カシマサッカースタジアム
入場者数:16,844人
https://www.jleague.jp/match/j1/2019/042006/live/#live

J1順位表
https://www.jleague.jp/standings/j1/
サッカー

20歳安部裕葵が負傷交代も…鹿島、DF犬飼ヘッド弾で仙台下して5位浮上

[4.20 J1第8節 鹿島1-0仙台 カシマ]

 J1リーグは20日、第8節を各地で行い、鹿島アントラーズがベガルタ仙台に1-0で勝利した。セットプレーから決まったDF犬飼智也のヘディングシュートが決勝点。終盤にはMF安部裕葵が負傷退場するアクシデントもあったが、2試合ぶりの白星で5位に浮上した。

 ホームの鹿島は前節FC東京戦(●1-3)から先発3人を入れ替えた。ACLで負傷したGKクォン・スンテが2試合ぶりに復帰し、清水から加入したMF白崎凌兵が移籍後初出場。安部は4試合ぶりの先発となった。対する仙台は前節大分戦(●0-2)で先発したMF兵藤慎剛がメンバーを外れ、MF松下佳貴が入った。

 システムは鹿島が4-4-1-1で仙台は3-1-4-2。中盤の噛み合わせでギャップができ、そこでの主導権争いが試合のテーマとなった。序盤は仙台がボールを奪い切り、FWハモン・ロペスとFWジャーメイン良が飛び出す場面が続いたが、最初の決定機は鹿島。前半11分、安部の縦パスからDF安西幸輝がクロスを送ったが、ボールはゴール前を横切った。

 仙台は前半16分にビッグチャンス。ジャーメインが自陣でカウンターの起点になると、左サイドを駆け上がったR・ロペスがパスを受け取り、中央にクロスを送る。ところがニアサイドでジャーメインが潰れ、松下が決定的なシュートを放つも、クォン・スンテがスーパーセーブ。二次攻撃もジャーメインのシュートが大きく枠を外れた。

 守護神のファインプレーでピンチを逃れた鹿島は前半29分、3戦連発中のMFレオ・シルバが決定的なシュートを放つもDF平岡康裕がブロック。同35分には白崎の突破からクロスが送られたが、左サイドから走り込んだ安部のボレーは大きく外れた。同44分には安部が単独カウンターを目論むも、足を滑らせてシュートまで至らなかった。

 後半は立ち上がりからオープンな展開となった。仙台は中盤での相手プレッシングを何度もかわし、ジャーメインとR・ロペスが立て続けに敵陣へ侵攻。それでも最後は鹿島守備陣が立ちはだかると、鹿島は同8分にコーナーキックから犬飼がフリーでヘディングシュートを放ったが、惜しくも枠を外れた。

 先に動いたのは仙台の渡邉晋監督。後半13分、ジャーメインに代わってFW石原直樹を投入した。同15分、左サイドをえぐったR・ロペスのクロスに石原直が飛び込んだがシュートは打てず。鹿島は同18分、DF小田逸稀に代わってMF三竿健斗を投入。三竿はボランチに入り、MF永木亮太が右サイドバックに回った。

 すると後半21分、ついにスコアが動く。鹿島は永木が左コーナーキックを蹴りこむと、ファーサイドの犬飼がジャンピングヘッドで押し込んだ。開幕から全試合フルタイム出場の続く犬飼はこれが今季初ゴールとなった。鹿島は後半41分、敵陣エリア内でMF梁勇基と接触した安部が立ち上がれず負傷交代。それでも最後までスコアは動かず、鹿島が今季4勝目をおさめた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190420-43466123-gekisaka-socc
清水、北川航也3戦連続弾で2連勝。鹿島はセットプレーの1点で仙台下す

明治安田生命J1リーグ第8節の試合が20日に各地で開催されている。15時キックオフの試合では清水エスパルスとセレッソ大阪、鹿島アントラーズとベガルタ仙台がそれぞれ対戦した。

 前節のダービー勝利で待望の今季初白星を挙げ、最下位を脱出した清水。その勢いを持続したいところだが、C大阪にボールを支配され我慢を強いられる展開に。

 だが82分、驚異的なカウンターから清水に先制点が生まれる。GK六反勇治からのボールを受けたエウシーニョが右サイドに抜け出し、相手GKを引きつけてエリア内へ速いボールを送ると、並走して駆け上がっていた北川航也がゴール左の角度のない位置から右ポスト内側への難易度の高いシュートを成功させた。

 エースのリーグ戦3試合連続、ルヴァン杯含めて4試合連続となるゴールが決勝点となり、清水は初勝利から2連勝。C大阪は2連敗となった。

 鹿島対仙台戦もスコアレスで前半を折り返したが、後半にセットプレーから試合が動く。66分、鹿島の左CKから永木亮太が上げたクロスに犬飼智也が飛び込み、強烈なヘディングをゴール右に突き刺した。犬飼は鹿島での2年目でリーグ戦初ゴール。

 6分間の長いアディショナルタイムを耐え抜き、そのまま1-0で鹿島が今季4勝目。仙台は2連敗を喫し、降格圏の17位を抜け出すことができていない。 

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190420-00318421-footballc-socc

引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1555747136

--- Sponsored LINK ---
 


2: 2019/04/20(土) 16:59:41.09 ID:MmiqD3350
今節ホーム強いね

3: 2019/04/20(土) 17:00:05.72 ID:1utpVq//0
東北からJ1が消える日

4: 2019/04/20(土) 17:00:07.78 ID:+R/zOowX0
北川覚醒した?

5: 2019/04/20(土) 17:00:10.35 ID:NvGKox/h0
ウノゼロの美学

スポンサードリンク






7: 2019/04/20(土) 17:00:16.59 ID:1dSUDz/r0
掛西中トリオのようなトリプルカウンターアタック

8: 2019/04/20(土) 17:00:27.78 ID:oqtk9lB60
安部の股間は大丈夫か?

9: 2019/04/20(土) 17:01:10.68 ID:rNczZdoZ0
セレッソのラストプレーはお笑いか?
負けてんだからテメーでスローインしろよ柿谷

10: 2019/04/20(土) 17:01:37.27 ID:rEhvTPgw0
俺達の北川を代表に復帰させて!