サッカー01


[4.24 オーストリア・ブンデスリーガ第27節 ザルツブルク3-1ボルフスベルガー]


 オーストリア・ブンデスリーガ第27節が24日に行われ、日本代表FW南野拓実が所属するザルツブルクがボルフスベルガーをホームに迎え、3-1の逆転勝利を収めた。7試合ぶりにベンチスタートとなった南野は後半12分から途中出場を果たし、同アディショナルタイムに今季6点目を記録している。

 前半をスコアレスで折り返した試合は、後半10分にGKアレクサンダー・コーフラーのゴールキックから一気に抜け出したFWセク・コイタに決められてボルフスベルガーに先制を許してしまう。同12分には1点のビハインドを背負ったザルツブルクベンチが動き、FWフレドリク・グルブランセンに代わって南野がピッチへと送り込まれる。

 すると後半18分、南野のスルーパスに反応してPA内に走り込んだMFハンネス・ボルフが好機を迎えるが、シュートは相手選手にブロックされてしまう。直後のプレーではCKからDFジェローム・オンゲネがドンピシャのタイミングでヘディングシュートを放つが、好反応を見せたコーフラーに阻まれてしまった。

 攻勢を強めるザルツブルクは後半21分、右サイドから届けられたパスを南野がワンタッチでPA内に送り、ボルフが最終ライン裏に抜け出してシュートを放つも、距離を詰めたコーフラーにストップされてしまう。しかし同42分、MFドミニク・ショボスライが蹴り出したCKをオンゲネがヘディングで叩き込み、ザルツブルクが残り3分で試合を振り出しに戻した。

 さらに試合終了間際の後半44分には縦パスをFWスマイル・プレブリャクがワンタッチで落とすと、FWモアネス・ダブールが右足シュートでネットを揺らして逆転に成功。そして、後半アディショナルタイムには南野がゴールを陥れる。スルーパスから抜け出した南野の突破は相手GKに阻まれたものの、こぼれ球を拾ったダブールのパスを受けた南野が右足で流し込み、ザルツブルクが3-1の劇的な逆転勝利を収めた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190425-43466309-gekisaka-socc



958: 2019/04/25(木) 03:48:51.16 ID:0J5soUhS
ザルツブルク逆転勝り

引用元: http://hayabusa5.2ch.sc/test/read.cgi/livefoot/1555701269

--- Sponsored LINK ---
 




959: 2019/04/25(木) 03:51:08.98 ID:UWOdAPqj
南野ごおおおおおおおる

960: 2019/04/25(木) 03:51:36.56 ID:pAlD4V+s
南野ゴール!

961: 2019/04/25(木) 03:51:48.33 ID:H4/7HDGo
みなみのおおおおおおおお

スポンサードリンク





964: 2019/04/25(木) 03:52:06.96 ID:0J5soUhS
南野ゴールやべー

965: 2019/04/25(木) 03:53:21.52 ID:6ecGIjzT
南野今季6ゴール目おめ

966: 2019/04/25(木) 03:54:04.30 ID:0J5soUhS
ダブールは南野いたほうがなぜか活躍する

902: 2019/04/25(木) 02:06:32.80 ID:H4/7HDGo
南野は定期的に休むけど堂安は休まないからやべえくらいのプレーがしょぼくなってるな
もう来季まで休養もらってもいいんじゃねえの五輪前につぶれるぞ

903: 2019/04/25(木) 02:11:45.11 ID:0J5soUhS
まぁ南野もアジア杯後もほぼスタメンだったし更にELもあったから休みはほとんどないけどなあ
堂安はアンダーに専念させてもよさそうだけどな