sakka-



1: 2019/05/23(木) 00:21:48.32 ID:ZgX4jEq/r
ケガとかコンディション悪化のリスク抱えて三流の名前もわからんチームとガチでやりあって
ご褒美は何の価値もないタイトルとクラブW杯(笑)とかいう茶番





2: 2019/05/23(木) 00:22:42.69 ID:Mf37eqsG0
賞金あるやろ

7: 2019/05/23(木) 00:24:44.48 ID:GBpqqP4D0
>>2
なんぼもらえるんや?

10: 2019/05/23(木) 00:25:56.72 ID:Mf37eqsG0
>>7
優勝で約5億

--- Sponsored LINK ---
 


14: 2019/05/23(木) 00:27:25.62 ID:GBpqqP4D0
>>10
安すぎひん?

3: 2019/05/23(木) 00:23:34.38 ID:bn0Jk3nK0
おは川崎サポ

5: 2019/05/23(木) 00:24:11.21 ID:dR+C+kF60
とりあえずCLの真似して盛り上がったら万々歳ってやつやろ

6: 2019/05/23(木) 00:24:22.84 ID:c79XJPKJ0
クラブワールドカップのレアルバルサ戦宝くじやろ

9: 2019/05/23(木) 00:25:46.28 ID:CL6VZ9UYa
川崎は運悪かったな
スポンサードリンク




12: 2019/05/23(木) 00:26:56.96 ID:Mqn6eV+N0
EL・CLの真似事だよ

15: 2019/05/23(木) 00:28:12.72 ID:eghT/tIh0
CLに3次予選として混ぜてもらう方が楽しめそう

16: 2019/05/23(木) 00:28:18.10 ID:GBpqqP4D0
これくらい貰えへんとあほらしいわ

https://www.soccer-king.jp/news/world/cl/20180904/825034.html

チャンピオンズリーグ(CL)は、まさしく「金のなる木」である。今年6月にUEFAが公表した声明によれば、2018-19シーズンのCL、ヨーロッパリーグ(EL)、UEFAスーパーカップで生み出される商業収益は、推定32億5000万ユーロ(約4194億円)にものぼるという。そこから大会運営費などの諸経費を引いた25億5000万ユーロ(約3289億円)が、予選出場チームを含むUEFA主催大会の全参加クラブに行き渡る賞金となる。

そして、賞金総額のうち8割近くにあたる19億5000万ユーロ(約2517億円)が、CL本戦に出場するクラブ、つまりヨーロッパの選ばれし32チームに割り当てられる。まずは4本の柱からなる、その内訳から見ていこう。

(1)本戦出場給(全体の25%=4億8800万ユーロ)
(2)大会成績給(全体の30%=5億8500万ユーロ)
(3)UEFA係数給(全体の30%=5億8500万ユーロ)
(4)マーケットプール(全体の15%=2億9200万ユーロ)

(1)の「出場給」はグループステージに参加するだけで入ってくるお金で、32クラブに均等分配される。つまり、今シーズンなら出場するだけでまずは1525万ユーロ(約19億7000万円)が確実に手に入る計算だ。続く(2)の「成績給」もその名の通り。具体的には、下記のように額が設定されている。

・グループステージで1勝するごとに270万ユーロ(約3億4800万円)、ドロー1試合につき90万ユーロ(約1億1600万円)
・ラウンド16進出=950万ユーロ(約12億2600万円)
・準々決勝進出=1050万ユーロ(約13億5500万円)
・準決勝進出=1200万ユーロ(約15億4900万円)
・決勝進出=1500万ユーロ(約19億3600万円)
・優勝=400万ユーロ(約5億1600万円)

 このように勝ち進むほどボーナスが増えていく仕組みで、優勝まで辿り着けば、出場給と合わせて概算で7500万ユーロ(約97億円)前後になる。

引用元: http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1558538508/0-