1: 2019/11/01(金) 09:13:52.21 ID:m/fXdEsh9
no title

技術は衰えない―。

サッカーの世界でも当てはまる言葉である。ただ41歳になった中村俊輔はこう言い換える。「技術はやり続けないと衰える」と。

 10月27日のJ2横浜C―東京V戦。中村はペナルティーエリアの外、約20メートルの距離から強烈過ぎるミドルシュートをさく裂させた。ボールを収めた皆川佑介の“落とし”に合わせて、そのまま左足を振り抜いている。

 ゴール右に一直線、まさに矢のごとく。743日ぶりというゴールには技術が詰まっていた。ボールを軸足の真横近くに入るまで呼び込んで、インパクトの瞬間は前かがみで体重を乗せてボールを芯で捉える。フォロースルーはボールスピードを加速させるために軸足も浮かせて飛ぶように打つ。いやはや年齢を感じさせない、パワーあふれる一発であった。

 これ、たまたまではない。中村が得意とするシュートパターン。磐田時代、17年4月の鹿島戦でも同じように「突き刺す系ミドル」を決めている。昨年まで思わしくなかった軸足となる右足首の回復も大きい。とはいえ、このシュート場面を想定して練習でやり続けているからこそ、ここ一番で己の技術を最大限に発揮できたとは言えまいか。

 じっくりと見た昨夏のロシアW杯。中村の脳裏にはクロアチアのモドリッチが1次リーグのアルゼンチン戦で決めたミドルシュートが焼きついていた。「エリア内に入るとゴールが近くなるため、相手はシュートを打たれまいと足を出してくる。でもエリア外は距離もあるし、相手も極力リスクを冒さない。ここからでもシュートを決め切る力は必要」。モドリッチは自分で相手を揺さぶってシュートに持ち込むが、不惑を超えた中村はそこに執着しない。周りの力を借りたうえで自分の技術を組み合わせる。パスを引き出すこともまた技術。年齢とともに変化させながら技術を磨く。衰えないためのコツである。(スポーツライター)

11/1(金) 7:34配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191031-00000274-sph-socc


3: 2019/11/01(金) 09:19:13.09 ID:49gowsQP0
41なのか

【 外部記事 】





5: 2019/11/01(金) 09:20:56.25 ID:Xrb0YXTq0
セルティックでもあったよな
こういうミドル

6: 2019/11/01(金) 09:21:36.84 ID:sGWLUVyM0
カズの道に入ったか

 


10: 2019/11/01(金) 09:31:26.14 ID:qlpOsHf20
「743日ぶりのゴール」で称賛なんかしないでほしいな
プロとして満足される結果な訳ないだろ

ちゃんとした評価をして中村を次のステップに進ませるべきだよ
40歳すぎてプロでプレーして先になにがあるんだよ

12: 2019/11/01(金) 09:34:32.12 ID:C3A7A0HK0
いやいや、十分衰えてるから
年間出場は2~3試合しかないから

15: 2019/11/01(金) 09:37:48.34 ID:xXGwFXyQ0
J2だからな。

16: 2019/11/01(金) 09:39:31.25 ID:QTpmU7On0
まさに職人だな
衰えないようこうやって毎日反復練習してるんだろう
no title

21: 2019/11/01(金) 10:03:51.96 ID:hZfSCKAN0
ロストばっかしてるやんけ

23: 2019/11/01(金) 10:10:14.44 ID:5fQrI9rK0
仮にやり続けることで技術が衰えなかったとしても
身体能力がもう圧倒的に衰える年齢だから結局その技術もフルに発揮できないよ
プロは瞬発力とか筋力とかの衰えを日々の筋肉トレーニングでどのくらい補えるんだろうか

25: 2019/11/01(金) 10:16:47.61 ID:xB4A/ScF0
俊さんみたいなレーザーミドル砲撃てる選手って今の代表でも居ないよな

26: 2019/11/01(金) 10:36:39.59 ID:42ixQk3d0
>>25
東俊希、インドネシア戦でスーパーゴール
https://www.youtube.com/watch?v=4Z4Pb43W-eQ


28: 2019/11/01(金) 10:48:52.59 ID:BAUywFNk0
玉田圭司(39)
今期長崎で7ゴール(総シュート数25)
こっちのほうがスゴい

30: 2019/11/01(金) 11:00:31.40 ID:vLeaZUZq0
確かにクリロナの技術は衰えたよな
練習ではテク見せてんだろうけど、実戦では効率的な選択肢ばっか採ってるから切れ味鋭いフェイントとかできなくなってる
馬鹿にしてる奴多いけど、2007年くらいまでのクリロナはフェイントマスタークアレスマに匹敵するテクニシャン、ロナウジーニョに次ぐドリブラーって評価だったんだよな

37: 2019/11/01(金) 12:17:38.08 ID:OHNQQmoP0
>>30
クリロナは技術や体力が衰えたから今のスタイルになったわけじゃないんだが

41: 2019/11/01(金) 12:52:57.01 ID:qlpOsHf20
>>30
昔から広大なスペースがないとドリブルで抜けないタイプだったよ

引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1572567232/0-


【 関連記事 】