1: 2019/11/13(水) 00:07:21.41 ID:N48OC3M+9

no title


◆国際親善試合 U―22日本―U―22コロンビア(17日・エディオンスタジアム広島)

 サッカー東京五輪代表が、来年の本大会の直前キャンプ地に宮崎を検討していることが11日、分かった。今秋にラグビーW杯で史上初のベスト8を達成した日本代表も、今年6月から7月にかけて同地でキャンプを実施。また森保一監督(51)も広島の監督時代に宮崎で春季キャンプを行い、3度のJ1優勝へ導いた。“パワースポット”で力を蓄え、史上初の金メダルを目指す。東京五輪世代のU―22日本代表はこの日、広島市内で合宿をスタートした。

2019年11月12日 6時0分 スポーツ報知
https://hochi.news/amp/articles/20191111-OHT1T50301.html


東京五輪世代におけるベストメンバーが招集された、国内では初めての試合となるU-22コロンビア代表とのキリンチャレンジカップ2019(17日、エディオンスタジアム広島)に臨むU-22日本代表メンバー22人が発表された今月5日の時点で、FW小川航基は唯一のJ2クラブ所属選手だった。

 MF久保建英(RCDマジョルカ)やFW前田大然(CSマリティモ)ら、今回も招集されている東京五輪世代のホープたちが続々とヨーロッパへ旅立った今夏。小川はジュビロ磐田から、J2の水戸ホーリーホックへと期限付き移籍した。自らの判断で、あえて戦うカテゴリーをひとつ下げた。

「最終的に決めたのは、発表される直前でした。いろいろなことを考えましたけど、最終的には自分が上に行くために最も必要な道を、一番大事な道を選びました」

 神奈川県の強豪・桐光学園高時代から、東京五輪世代のエースストライカー候補として期待されてきた男に期限付き移籍を決断させたのは、脳裏を常に駆けめぐっていた危機感だった。

 4年目を迎えていた今シーズンのジュビロで、リーグ戦で5試合、わずか53分間の出場にとどまっていた。先発もゴール数もゼロ。加えて、東京五輪世代が18人も名前を連ねるチーム編成となった、6月のコパ・アメリカ2019を戦ったフル代表にも招集されなかった。

 苦悩の源泉をたどっていくと、2017年5月に韓国で開催されたFIFA・U-20ワールドカップに行き着く。U-20ウルグアイ代表とのグループリーグ第2戦で、左ひざの前十字じん帯断裂および半月板損傷。全治までは約半年と診断されたが、違和感は昨シーズンにまで大きな影を落とした。

 ただ、突きつけられた非情な現状のすべてを、けがに帰結させるつもりはない。自問自答を繰り返した末に、自分自身に巣食っていた「甘さ」を断ち切らない限りは前へ進めないと結論づけた。
「自分のなかでは一日一日を大切にしてきた、という自負がある。だけど、それだけでは成長していないということは、自分が気づいていない何かがあるということ。そこに一刻も早く気づいて、こうすれば成長できるという自分なりのものを見つけたい」

11/12(火) 7:30配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191112-00010002-wordleafs-socc

33: 2019/11/13(水) 03:30:01.34 ID:xWiQ6CEN0
>>1
応援しとるで!!

【 外部記事 】





6: 2019/11/13(水) 00:10:43.13 ID:8DxK6RJM0
もっと凄い選手になると思ってた

11: 2019/11/13(水) 00:16:33.67 ID:3uBI6qq30
>>6
靭帯ぶっ壊してる時点で実質こいつはもう終わってる

7: 2019/11/13(水) 00:11:12.03 ID:qz+qvx810
多分、五輪本番のFW枠は

大迫、前田、上田
だろうな
大迫が召集拒否とかなれば、チャンスはあるかも

 


2: 2019/11/13(水) 00:08:36.66 ID:N48OC3M+9

J2戦線の上位につけていたホーリーホックで、デビュー戦から3試合連続ゴールを決めた。ジュビロ時代はリーグ戦で2試合続けて先発フル出場した経験がなかった22歳が、高温多湿の過酷な条件に見舞われる夏場のリーグ戦で6試合続けてピッチ上で、試合開始と終了のホイッスルを聞いた。

 コンディションが上向いてきたと判断されたのだろう。U-22日本代表へも9月のメキシコ・アメリカ遠征、サッカー王国ブラジルを撃破した10月の南米遠征にも選ばれ、そして森保一監督をして「現時点でのベストメンバー」と言わしめた今回も招集されたが、小川自身は手応えを感じていない。

「正直、いま呼ばれているからといって何も思うことはありません。もちろん感謝の気持ちはありますけど、だからといって一喜一憂することはできない。正直、危機感しかない。もっと、もっと点を取って、中心となる選手にならないと厳しいと思っているので」

 U-22コロンビア戦へ向けて、11日から広島市内で始まった合宿初日を終えた小川は、胸中に抱く思いを「危機感」という言葉に集約させた。直近のリーグ戦で2試合連続ゴールをゲットして合流しているが「正直、まったく物足りない」と、思い描いてきた姿と乖離していると打ち明けた。

「想像していたのは僕がゴールをバンバン決めて、チームが2位くらいにつけて、J1へ自動昇格させたのは僕だ、と言われる活躍をするくらいのイメージで入ったので。その意味ではインパクトというものは、まったく与えられていないと思っています」

 決してJ2を甘く見ていたわけではない。続けて試合に出場する感覚や調整方法との向き合い方を覚えられたことは、ポジティブにとらえている。それでも現時点で16試合、1229分間にわたってプレーしながら、7ゴールしかあげられていない自分が歯がゆい。

 J2戦を欠場した2試合は9月および10月にU-22代表へ招集されたことに伴い、チームを留守にしたためだ。コロンビア戦前日に敵地で行われる鹿児島ユナイテッドFC戦も必然的に欠場となるが、クラブ史上初のJ1昇格およびJ1参入プレーオフ進出へ向けて、2位の横浜FCに勝ち点6ポイント差の4位につけている仲間たちを信じて、日の丸を背負った目の前の戦いに集中する。

「(鹿児島戦で)しっかりと勝ち点3を積み上げて帰ってきてもらって、(24日の)最終節で僕が点を取って勝つ。2位とは勝ち点がちょっと離れているけど、それでも上位の結果次第では(自動昇格も)狙えるし、(ダメでも)しっかりとプレーオフ圏内に食い込んで、最後の1枠を勝ち取りたい」

 東京五輪に臨む代表チーム18人でフォワードは最激戦区になる。チームが結成された2017年12月以来、一貫して[3-4-2-1]システムが採用されてきたことを考えれば、2人のゴールキーパーを除いた16人のフィールドプレーヤーで、フォワード枠はおそらく「2」となるからだ。

 22人が招集されたコロンビア戦で、フォワードには小川、前田、そして2021年の加入を前倒しして今夏にプロ契約を結んだ上田綺世(鹿島アントラーズ)が招集されている。前田と当時は法政大学3年生だった上田は、前述したコパ・アメリカ2019の舞台でもプレーしている。

 さらにオーバーエイジ枠に関して、たとえばフル代表で不動の1トップを担う大迫勇也が所属するヴェルダー・ブレーメンと日本サッカー協会との交渉が合意に達すれば、フォワード枠をめぐる状況もまた激変する。アピールするしかないからこそ、危機感を糧にして精進を続けると小川は誓う。

「常に危機感をもてなくなったら、正直、サッカー選手としては終わりだと思っているので。目の前のオリンピック代表から落ちるかもしれないという不安ではなくて、その先にあるカタール(ワールドカップ)から逆算していくと、危機感しかないことになる」

 韓国の地で2年前のU-20ワールドカップを戦ったメンバーから、久保やMF堂安律(PSVアイントホーフェン)、DF板倉滉(FCフローニンゲン)ら6人がヨーロッパへ移籍。けがで戦線離脱中のDF冨安健洋(ボローニャ)を除く5人が、今回のメンバーに名前を連ねた。 

 特に10日のビジャレアル戦で待望の移籍後初ゴールを豪快なミドルシュートで決めた、久保の映像はツイッターなどを介して「嫌でも回ってくる」と、苦笑しながら何度も見たと明かした。 

「建英のかたちが出たというか、本当に素晴らしいゴールだったと思います。建英だけじゃなくて、律や冨安、滉君たちからも刺激をもらっているし、フル代表も経験した彼らと一緒にプレーし、いろいろと話をすることで、僕も負けずにそこ(フル代表)へ食い込んでいきたい」


3: 2019/11/13(水) 00:09:53.05 ID:N48OC3M+9

メンバーのなかには今年のU-20ワールドカップを戦ったMF菅原由勢(AZアルクマール)、年代別の代表に無縁だったMF食野亮太郎(ハーツ)と、今夏に海を渡った後輩たちも含まれる。若手の海外移籍ラッシュが続くなかで、身長186cm体重78kgの大型ストライカーは「急がば回れ」の決断が正しかったことを証明し、自身の未来を切り開くためにも、コロンビア代表戦で貪欲にゴールを狙う。


10: 2019/11/13(水) 00:15:43.46 ID:G9n4vwVH0
あの大怪我がね…
ただ水戸ちゃんで頑張ってる

12: 2019/11/13(水) 00:16:36.44 ID:vh5B3vlV0
チャンス潰しまくったとはいえコパで久保との相性良かった上田がファーストチョイスだろうしなぁ
大迫呼べたらさらに状況悪化
ただまだまだこれからの選手

25: 2019/11/13(水) 01:10:13.15 ID:xdJY7lc00
>>12
まあ、久保はFWが動き出してるのを見てて上田が欲しいとこに出てくるだろうから相性良いだろうな

19: 2019/11/13(水) 00:54:39.64 ID:ckh8BKgA0
一美を使ってほしい

35: 2019/11/13(水) 04:04:58.30 ID:Q6RbWKTt0
>>19
同意

ポストプレータイプか

20: 2019/11/13(水) 00:54:49.96 ID:BboVawtG0
CFは大迫でしょ

37: 2019/11/13(水) 05:19:36.02 ID:mTYsnTb90
負けたくないってあんたJ2だろw

39: 2019/11/13(水) 05:53:00.53 ID:CcEznd4a0
水戸ではよくやってくれてる
頼んだぞマジで

41: 2019/11/13(水) 07:21:34.04 ID:Qr0+pDa50
大迫がだめなら、興梠を二大会連続で呼んだほうが戦力
になるという。

46: 2019/11/13(水) 07:32:47.68 ID:+e2tUavA0
正直もう上田に完全に抜かれてる
U22のブラジル戦見たら期待は出来ないわ

47: 2019/11/13(水) 07:45:49.93 ID:mhJDDkT50
水戸でPK乞食してる時点でもう追い付けないわ
決定機でふかしまくりだし

引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1573571241/0-


【 関連記事 】