1: 2019/11/17(日) 20:39:50.17 ID:irYg6VoI9
サッカー

森保監督、惨敗も「東京五輪金メダル」目標変わらず

<国際親善試合キリンチャレンジ杯:U22日本0-2U22コロンビア>

東京五輪世代のU-22日本代表がU-22コロンビア代表に0-2で完敗した。A代表組のMF堂安律(21=PSV)とMF久保建英(18=マジョルカ)がそろって先発したが不発。A代表と兼任する森保一監督(51)が同代表を国内で初めて指揮したが、最後まで打開できなかった。残り約8カ月となった五輪本番に向けて不安を残した。

   ◇   ◇   ◇

国内初の親善試合に臨んだ東京オリンピック(五輪)世代U-22日本代表は、同年代のコロンビア相手に力負けした。

「東京五輪で金メダル」を掲げる同世代にとっては、五輪本番に近い雰囲気を想定した中で、MF久保、MF堂安らA代表組も合流した貴重な実戦の場だった。満を持して試合に臨んだがミスが多く、見せ場の少ない試合に終わった。

前日の会見でも「金メダル」を公言していた森保一監督(51)は試合後、「昨日の練習前に『試合前日の記者会見で、メディアのみなさんの前で、我々が東京五輪で金メダルを目指して戦う、ということを話してきた』と選手に伝えました。その上で、今日の試合を我々が何を目指しているか表現できるように準備していこう、と話しました」と、あらためて選手にも「金メダル」を強調したことを明かした。

結果は惨敗に終わったが「先ほど試合が終わってからも『我々が持っている目標(金メダル)が私だけのものなのか、チームで共有しているのか』と選手たちに話して、選手たちとも、今日の敗戦は悔しいけど、東京五輪で金メダルを獲得するためにやっていくこと、力を付けていくことは共有してきました」と説明。「東京五輪で金メダル」の目標に変わりはないことを示した。

日刊スポーツ 11/17(日) 20:10配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191117-11171023-nksports-socc

【 外部記事 】





3: 2019/11/17(日) 20:41:40.18 ID:hjnycPAb0
目指すのは自由だからええよ

 


7: 2019/11/17(日) 20:43:53.54 ID:nhNC6xKqO
サッカーわ今日わ負けたけどシャーナイ
まだまだ未来ある

韓国との親善試合に連勝したら世界1とほざくドアホい野球はイランけど、マジな世界相手に必死に頑張る日本サッカーわ価値が高い

12: 2019/11/17(日) 20:46:30.13 ID:tu4Mo2Iq0
当たり前じゃ
そんなコロコロ変わるか

13: 2019/11/17(日) 20:47:08.38 ID:GuI5HHwg0
トゥーローンからまったく別チーム
監督もメンバーも変われば連携もうまくいかんな

14: 2019/11/17(日) 20:48:44.75 ID:S1FW4jPP0
中山外すだけでガラッと変わりそうだな
菅も本大会には選ばれないし
堂安もいい感じで復調してるしメダル候補なのは間違いないな

18: 2019/11/17(日) 20:51:27.58 ID:Nwismv3r0
ねぃ、サッカーって何でA代表の監督が、片手間に五輪監督をやってるの?

23: 2019/11/17(日) 20:54:03.52 ID:1LE/xPNE0
>>18
サッカーの場合は五輪よりW杯のほうが重要だからだよ
五輪代表チームからフル代表へ有力選手を取り入れるには
両代表を同じ監督が指導するのは理にかなってる
ただモリポにはその能力がないんだけどね

19: 2019/11/17(日) 20:51:28.51 ID:1LE/xPNE0
惨敗してもビッグマウス
こいつケイスケホンダやな

20: 2019/11/17(日) 20:52:10.81 ID:WS6/K46Q0
親善試合だから問題なし
ただこれが本大会なら大問題

21: 2019/11/17(日) 20:52:23.29 ID:eRGQwvb80
ここに田中碧と冨安入ってオーバーエイジ3人入れて18人になるんだから
全く別のチームになるだろ

30: 2019/11/17(日) 20:56:44.70 ID:KoRU8uIq0
>>21
GK
大迫敬介(サンフレッチェ広島)
山口瑠伊(エストレマドゥーラ/ESP)
DF
冨安健洋(ボローニャ/ITA)
板倉滉 (フローニンゲン/NED)
瀬古歩夢(セレッソ大阪)
菅原由勢(AZアルクマール/NED)
杉岡大暉(湘南ベルマーレ)
MF
柴崎岳(デポルティーボ/ESP)※OA
中山雄太(ズウォレ/NED)
田中碧(川崎フロンターレ)
橋岡大樹(浦和レッズ)
中島翔哉(ポルト/POR)※OA
堂安律(PSVアイントホーフェン/NED)
久保建英(マジョルカ/ESP)
安部裕葵(バルセロナ/ESP)
FW
大迫勇也(ブレーメン/GER)※OA
前田大然(マリティモ/POR)
上田綺世(鹿島アントラーズ)

22: 2019/11/17(日) 20:52:29.46 ID:S1FW4jPP0
チームとしてバラバラなのに南米相手に個人で通用してたからな
後は上がる一方だし期待せざるを得ない

24: 2019/11/17(日) 20:54:33.36 ID:KoRU8uIq0
前線で良かったのは久保、堂安、途中から入った食野だけ

あとはお飾り配置

26: 2019/11/17(日) 20:55:11.17 ID:gO62cf2c0
森ぽではダメだろ
コイツの采配は無難なだけで上手くもないし面白くもない

31: 2019/11/17(日) 20:56:49.12 ID:ztDCWY8m0
すべての世代の代表の中で、この年代のチームだけ3バック。
招集されている選手の中で所属しているチームで3バックシステムを
採用している奴も少ないのでは。
偶にしか練習できない代表で特殊な戦術を取る必然性はあるのか?
フル代表にもつながらないし、下の世代のどんな良い選手も戦術理解から
はじめなくてはならない。さらに言えば3バックはまともなセンターバックと
まともなサイドバックの育成につながらない。
トルシエ時代にフル~ユース代表まで3バックシステムを採用し、
長友、内田の登場まではろくなサイドバックがいなかった。
日本人の特性は世界的に通用する良いサイドバックを産み出すのに
非常に残念。

引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1573990790


【 関連記事 】