1: 2019/12/31(火) 17:41:41.39 ID:Xf9ejZDq9
 AFC(アジアサッカー連盟)が2010年から19年までの総括を掲載。この10年において世界で飛躍を遂げたアジア出身選手の第一人者を特集している。

 多くのアジア出身選手が欧州への移籍を実現し、2010年から19年までの10年間で数々の金字塔を打ち立ててきた。そのなかでもAFCがフォーカスしたのは「世界クラスのプレーヤーとしての地位を確立した」6人だ。

パク・チソン(韓国)
no title


まず、AFCは2010年代のアジアスターを語るうえで欠かせない人物として、パク・チソンを指名。名将アレックス・ファーガソンをはじめ、当時のチームメイトであったリオ・ファーディナンドがその実力を証明するように、プレミアリーグにおけるアジア出身選手躍進の先駆けとなった。

 2010年が始まるまでにマンチェスター・ユナイテッドで、すでに3度のプレミアリーグ制覇を経験していた韓国代表MFだが、2010-11シーズンにも同クラブのプレミアリーグ優勝に貢献。2010年代にヨーロッパの主要タイトルを獲得した最初のアジア選手としてその名を刻んでいる。

香川真司(日本)
no title


次に名前があがったのは日本代表のMF香川真司だ。2010年に海を渡り、ドイツ1部のボルシア・ドルトムントに加入すると、驚異のスピードでチームにフィット。リーグ戦で8ゴールを挙げ、ドルトムントの9シーズンぶりの優勝に貢献した。

翌シーズンには13ゴールをマークし、連覇の立役者に。ドイツ紙『キッカー』が選定する年間ベストイレブンに2シーズン連続で名を連ねた。その後、2012-13シーズンに加入したマンチェスター・Uでは、プレミアリーグで優勝した最初の日本人選手となった。

岡崎慎司(日本)
no title


その香川と長く日本代表をけん引してきたFW岡崎慎司もAFCが選ぶ過去10年の第一人者に選出された。清水エスパルスからドイツへ渡り、シュツットガルトやマインツで実績を積み、2015年にプレミアリーグのレスター・シティへ移籍すると、2015-16シーズンに奇跡の優勝を経験。

 献身的なプレーでチームを支え、ファンの人気も鷲掴みにした。クラブ創設132年にして初のプレミアリーグ優勝を果たしたレスターで、歴史的快挙を果たしたメンバーの一員でもあり、日本人選手では2人目のプレミアリーグ優勝経験者となった。

12/31(火) 15:06配信GOAL
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191231-00010022-goal-socc

4: 2019/12/31(火) 17:43:44.76 ID:Xf9ejZDq9
サルダル・アズムン(イラン)
no title


AFCはイラン代表のストライカー、FWサルダル・アズムンもアジア選手で成功した第一人者に選出した。まだ24歳ながら、ロシアのルビン・カザン、ロストフ、ゼニト・サンクトペテルブルクで60以上のゴールを達成した点が評価された。

 2018-19シーズンにはロシア・プレミアリーグ優勝を経験。今冬のアジアカップでもゴールを量産した。一方で日本との準決勝では柴崎岳を引っ叩く蛮行に走るなど、その立ち振る舞いに批判を集めることもあった。

ティム・ケーヒル(オーストラリア)
no title


2010年の時点で30歳を超えていたティム・ケーヒルも、この10年間で熟練のストライカーぶりをいかんなく発揮した。AFCはケーヒルを「オーストラリアで最も有名なサッカー選手」と評価。エヴァートンでの輝かしい功績もさることながら、その後のアメリカ、中国移籍でも相変わらずゴールを量産。オーストラリア代表としてはワールドカップに4大会連続で出場を果たしている。

 2014年ブラジル大会のグループリーグ・オランダ戦で決めたダイレクトボレーはいまもなお、多くのサッカーファンの心に残るベストゴールだろう。また、ケーヒルは日本にとっても縁深い選手であった。2006年ドイツ大会では、終盤に2ゴールを奪われただけでなく、W杯予選やアジアカップでも長らく日本を苦しめた存在であった。

ソン・フンミン(韓国)
no title


ソン・フンミンは現代サッカーにおけるアジア最高の選手との呼び名も高い。現在27歳の韓国代表FWは、ハンブルガーSVとレヴァークーゼンで3年連続ブンデスリーガ二桁得点を記録。2015年には当時のアジア人歴代最高額となる移籍金3,000万ユーロ(約41億円/当時のレート)でトッテナムへ移籍。主力選手としてゴールを量産し、昨季はクラブ史上初のチャンピオンズリーグ決勝進出に貢献した。

 惜しくもCL優勝は逃したものの、いまやトッテナム、そしてアジアを代表するプレーヤーに成長。2019年のバロンドールにはアジア出身選手として唯一ノミネート。アジア出身選手がノミネートされるのは、2007年にイラン代表FWユニス・マフムードが以来、12年ぶりであった。


5: 2019/12/31(火) 17:44:44.60 ID:Huod/6It0
香川wwww

7: 2019/12/31(火) 17:45:29.18 ID:UNbEQk0S0
ケイスケホンダは?

 
8: 2019/12/31(火) 17:45:58.87 ID:IXjbeIcE0
FWばっかりやん

10: 2019/12/31(火) 17:46:31.88 ID:JK2Y8Ucg0
チソンは10年代の印象ないなあ

12: 2019/12/31(火) 17:49:47.94 ID:6JPBRI1q0
岡さんと香川は確定だろう

清武もリヨンあたりに移籍していたらここに入っていただろうが
やはりセビージャは厳しかった

38: 2019/12/31(火) 17:59:07.87 ID:C+HvZLKV0
香川は最初のドルトムント限定だな。

91: 2019/12/31(火) 18:41:30.63 ID:PCOMoqOd0
>>38
マンU一年目でも20試合出て6ゴールで
メガクラブの優勝に貢献だから
アジア選手の実績としては十分だろ

94: 2019/12/31(火) 18:44:56.79 ID:uI2LWZHt0
>>91
数字だけ見たらそれなりに感じるけど、実際は雑魚相手に固め取りしただけだからな
ぶっちゃけあんまり価値はない

41: 2019/12/31(火) 17:59:56.88 ID:epATCSKr0
ネトウヨまた負けたの?

50: 2019/12/31(火) 18:07:19.54 ID:w9tO3l0F0
長谷部は?

52: 2019/12/31(火) 18:08:48.06 ID:6JPBRI1q0
>>50
ベーハセはクラブじゃ何の実績もないからな
名門や強豪に所属したこともないし
日本以外じゃ無名だろ

56: 2019/12/31(火) 18:11:39.72 ID:3L94YRuy0
中島はポルトで10番というのがすごいわ

73: 2019/12/31(火) 18:21:51.25 ID:7FiKZfjZ0
CLもプレミアもとってるパクチソンがどう考えても最強なんだよな

75: 2019/12/31(火) 18:23:03.13 ID:mig2bAUS0
オーストラリアは大物が出てこなくなったなー

77: 2019/12/31(火) 18:24:03.62 ID:iNZ9evvA0
FWばっかりやんけ
長友とか長谷部は

86: 2019/12/31(火) 18:36:27.46 ID:v2jlXGj60
俺ならアルハブシを入れる

97: 2019/12/31(火) 18:48:06.29 ID:+BNInMQQ0
実力だと完全に岡崎<アルスーマなんだけどな
アルスーマがいたらロシアW杯に行けなかったかもしれないし

122: 2019/12/31(火) 19:50:09.47 ID:n2D3KasM0
アズムンよりバイエルンでチャンピオンズリーグの決勝でベンチ入りした宇佐美の方が凄い

123: 2019/12/31(火) 19:52:41.94 ID:U3q3HuV50
>>122
ギャグはやめてください

引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1577781701