人気ブログランキング
にほんブログ村

images

 サッカー・W杯アジア最終予選B組(3日、日本3-0オマーン、埼玉)日本代表(FIFAランク30位)が3-0でオマーン代表(同92位)に快勝。2014年ブラジルW杯出場権を懸けたアジア最終予選を白星発進した。MF本田圭佑(25)=CSKAモスクワ=が前半11分、代表では298日ぶりとなるゴールを決めて先制。日本のW杯5大会連続出場に弾みをつけた。MF香川真司(23)=ドルトムント=は全3得点に絡む活躍で、存在感を披露した。日本は8日の最終予選第2戦(埼玉スタジアム)で、ヨルダンと対戦する。

 夜空に浮かぶ月に金狼がほえると、6万の大歓声がとどろき、ザッケローニ監督は派手なガッツポーズを繰り出した。前半11分、MF本田はDF長友の左クロスに左足を一閃。ボレーが突き刺さると、胸の「4」を指さし祝福の輪に包まれた。



 「イメージ通り。長い間(得点を)取っていなかったので狙っていました。そういう意味では狙い通り」

 昨年9月に右膝半月板の手術を受け、3次予選を欠場した本田にとって298日ぶりの代表戦ゴール。W杯予選、本大会合わせた日本代表通算200点目の記念弾で、マン・オブ・ザ・マッチ(試合のMVP)も手にした。

 価値ある先制弾だった。「初戦で全体的に硬かった。自分も? 硬さがありましたよ。(ゴールは)僕自身にもチームにも大きかった」。オマーンのルグエン監督は南アW杯でカメルーンを率い、日本に敗れた。当時の“本田研究ビデオ”を用意したという敵将を返り討ちに遭わせた。

 アジア杯、3次予選と初戦で苦戦する傾向の強いチームに、「スキは気付かないところで生まれる」と警鐘を鳴らしていた。ファンの目に触れる機会の少ないモスクワでも「どこで誰が見ているか分からない」と、外出時は身なりを整える。ピッチ内外でスキを作らないことが、ここぞでの強さを生んでいる。

 「オマーンに、もうやりたくないと思わせるくらいコテンパンにできたかなというのはある」とし、「何より初戦は結果が重要だと思っていた」と柔和な笑みも浮かべた。出場を決めた過去のW杯最終予選は、すべて勝利で始まった。最高のスタートを切ったザック・ジャパン。主演は「蘇った金狼」だった。

海外サッカーの情報満載!!
日本人選手以外にも気になる海外サッカー





・・・・ 試合後の
本田圭佑 のコメント ・・・・

● MF本田圭佑(CSKAモスクワ)

「厳しい試合になるのは予想していた。満足できる部分もあるけど、まだまだな部分もある。それはみんなが感じたと思う。勝ち点3を取れて、次の試合に向けていい準備をして、そこで(ヨルダンに)勝てれば、いい形でオーストラリアに入れる。イメージとしてはそう」

―満足はしていない?


「最後、3-0になって、相手にボールを持たせている時間もあった。4点目を狙う、常に自分たちでボールを保持する。そういうチーム全体のスタンスが足りなかった。高い位置で効果的にボールをもらえることは少なかったかなと自分では思っている。アウェーでオマーンと対戦するとき、『もう日本とやりたくない』と思わせるぐらいにできたと思う」


―早い時間に先制点を取れた。


「大きかったですね。僕自身にとっても大きかったし、チームにとっても少し力を抜くことができたんじゃないかと思います」


―最終予選の初戦を終えたが?


「初戦ということで、どこか固さはあったと思う。いつもと違う動き方をしたり、一歩遅れたり。そういうシーンが何度か見られた。それは固さ。初戦だからか、そういう硬さがあった。僕自身も固さは割とありましたから」


―試合は支配していたが?


「試合前から長い時間ボールをキープすることになると思っていたし、先制しなければいけないと思っていた。それが実際にできて、結果を出すことができたと思う」


―合宿で共通理解ができた?


「合宿ができたことは良かったけど、もっと時間が必要。もっと良くなると思うし、さらに成長するためにも、みんなで協力しないといけない」


―監督から後半に向けて指示があった?


「監督はもっといってほしかったみたいですよ。このチームはこんなもんじゃないというのを意識してると思う」


―トップ下として新たな存在感を示せた?


「試行錯誤しているところはなくて、しっかり自分が出た試合には勝って、自分が得点に絡むことだけを意識している。そこのクオリティーと回数を増やす。自分の目的は明確で、すごいシンプル」


―抜け出したシーンもあったが?


「あそこはもっともらいたいところだけど、難しいですよね。相手が強くなればなるほどプレッシャーもかかってくる。自分があそこでもっとタイミングよくもらえればとは思っている」


―ヨルダン戦に向けては?


「もちろん勝ちにいくけど、簡単な試合にはならない。いい準備をしないといけないと思う」


―今日の結果が次につながる?


「今日は少し緊張感があったと思う。次の試合はもっとリラックスして臨みたいし、今日の試合に勝てたことでそれができると思う」


―首位で突破できる?


「それは分からない。でも、次の試合に向けて集中して準備をして、自信を持って臨みたい」
 
 ブログランキング・にほんブログ村へ