人気ブログランキング
にほんブログ村

images

「W杯アジア最終予選、オーストラリア‐日本」(12日、ブリスベーン) 

 「マンUの香川」が、ライバル国の指揮官をも認めさせた。サッカー日本代表と12日に対戦するオーストラリア代表のホルガー・オジェック監督(63)が11日、イングランド・プレミアリーグ、マンチェスター・ユナイテッドへの移籍が決まった日本代表MF香川真司(23)を高評価。元韓国代表MF朴智星(31)=マンチェスター・ユナイテッド=の後継者になれるとした。敵将をうならせた得点力と技術で、香川が日本をW杯最終予選では初となる初戦からの3連勝に導く。

 試合前から敵将に力を認めさせるとは、役者が違う。ブリスベーン競技場で行われた会見で、日本を「強い」と評価したオジェック監督だったが、香川の移籍の話題をふられると、独自の分析を披露した。

 「数年前に、韓国の朴がマンチェスターに入った。とても重要な選手だったが、前と比べると年を取ってしまった。(監督の)ファーガソンさんは同じタイプの選手を探していたと思う」

 アジア出身の選手で、初めてプレミアリーグで成功した選手は元韓国代表の朴だと言われている。攻撃的なポジションならどこでもこなせる器用さ、豊富な運動量に得点力まで持ち合わせた韓国の英雄と、香川を重ね合わせた。さらに「香川は(朴に匹敵する)それだけの質のプレーをできる」と、移籍後の活躍にも太鼓判を押した。

 オジェック監督は95年‐96年と、07年‐08年の2試合まで、J1浦和の指揮を執った。日本サッカー界との親交が深く、ザックジャパンを「新しい世代のチームではないか。多くの選手がトップクラス」と絶賛。その中でも香川は特別な選手と評価した。

 最大のライバルとの決戦前日、日本代表は冒頭15分のみを公開して最終調整した。9日にラグビーの試合が行われた影響で、ピッチは荒れていた。香川は「ちょっとデコボコしていた。(試合)終盤に差し掛かると悪くなると思うけど、何も言い訳にはできない」と、自らに言い聞かせた。

 195センチのセンターバック、オグネノブスキをはじめ、長身選手が日本の前に立ちはだかる。悪ピッチ対策と合わせた攻略法を香川はこう掲げた。「シュートをペナルティーエリアから打っていければ、(GKが)はじいたりする。セカンドボール(こぼれ球)を意識したい」。朴のようにピッチを駆け回り、積極的にシュートを打って、オーストラリアの壁をぶち破る。


海外サッカーの情報満載!!
日本人選手以外にも気になる海外サッカー





・・・・ この記事に寄せられたコメント ・・・・


 ◇ 
お言葉を返すようですが、香川は別に朴智星になろうとはしてませんから。

 ◇ 
香川は、香川

 ◇ 
朴智星は良い選手ではあったけど、
    マンUではあくまでサブだったわけで、同じになってもらっては困る

 ◇ 
香川とはタイプが違うと思うが。

 ◇ 
超えます

 ◇ 
香川君は誰かのコピーをするために上に行くんじゃないよ。

    パクさんはパクさんの良さがある。
    香川君にも香川君の良さがあるんだ。

    独自の力/個性を存分に出して欲しい。

 ◇ 
じゃあベンチじゃん
    嫌味な事言うよね

 ◇ 
正直言って、朴はマンUの中心選手にはなれなかった。
    香川が同じような境遇になるとしたら、かなり残念だ。
    多くの試合に出て、ドルトムントで築き上げた業績と地位を、
    イギリスでも手に入れることを夢見ている。

 ◇ 
ベッカムやC・ロナウドのようなチームの顔になってもらいたい。

 ◇ 
試合後、やっぱり日本は強かったって言わしたいね

 ◇ 
おいおい軽く馬鹿にされてんの気づけよ
    金欠ユナイテッドがパクレベルに20億も出すわけないだろ
    オジェックの野郎も百も承知だよ

 ◇  
香川はパクみたいにマンUでスーパーサブになるつもりは
    さらさらありませんよ

 ブログランキング・にほんブログ村へ