人気ブログランキング
にほんブログ村

images

[6.12 W杯アジア最終予選 オーストラリア1-1日本 ブリスベン]

 呆然と立ち尽くした。苦笑いを浮かべるしかない。後半24分、オーストラリアの左CKのチャンス。MFウィルクシャーのクロスボールはGK川島永嗣が弾いたが、ゴール前のポジション取りでDF内田篤人(シャルケ)がFWアレックスを抑えたとして主審の笛が鳴った。

 まさかのPKの判定。「PKになる前から2、3本、スタジアムが『PKじゃねえか』っていうどよめきがあって、審判も『取り戻さないと』っていう心境だったのかなと。サッカーではよくあること。気を付けようとは思っていたけど、あれで(ファウルを)取られたら……」。当然、納得できる判定ではなかったが、「しょうがない。反省して、オフです」と必死に気持ちを切り替えた。



 この場面で3日のオマーン戦(3-0)に続く累積2枚目のイエローカードを受け、次節9月11日のイラク戦(埼玉)は出場停止となる。「アウェーでしょ? ホームなの? ホームのイラク戦? そうかー。ホームだったかー」と悔やんだが、6月の3連戦では手応えも大きかった。

「3次予選は個人的にもうまくいかない部分が続いていたけど、長い合宿が効いたのか、右サイドの岡ちゃん(岡崎)とのコンビネーションがよくなった。俺が生きようとしたらダメだなって思って。岡ちゃんを生かそうとしたらうまくいった」

 試合を重ねるごとに深めたFW岡崎慎司とのコンビネーション。「僕が消えて、岡ちゃんを伸び伸びやらせる。岡ちゃんは追っかけてくれるし、裏に行ってくれるのでお気に入りのタイプ」。左サイドのDF長友佑都、MF香川真司が厳しいマークに遭う中、日本の右サイドが新たな武器になった。

「やっていくうちに、時間が解決する。もっともっとよくなると思う」。右SBでは五輪世代のDF酒井宏樹も台頭。この日も後半28分から内田に代わってピッチに入った。3日のヨルダン戦(3-0)後には「刺激があって、楽しくなってきた」と、酒井の存在をライバルとして認めた内田だが、簡単にポジションを明け渡すつもりはない。


 海外サッカーの情報満載!!
日本人選手以外にも気になる海外サッカー





・・・・ この記事に寄せられたコメント ・・・・


 ◇ 
内田は悪くない

    審判が悪い

 ◇ 
うっちー切り替えよ!

 ◇ 
何なんだ今日の審判は(怒)

 ◇ 
平常心装ってるけど、
    心臓バクバク何じゃない?

    でもコメントは相変わらずオモロイな笑

 ◇ 
ヨルダン戦でもあったけど抑えたシュート打ってくれ

 ◇ 
まあ、あれはうっちーは悪くない。
    かわいそうだったね。
    本田のカードもよくわからんし、とにかくカードの基準がぶれまくり。
    講義してどうにかなるもんでもないけど
    あのPKは八百長でもやらないレベル。


 ◇ 
なるほどな。スタジアムからのPKのプレッシャーに
    審判は負けたのね。判定には納得してないけど、
    意味はわかった。


 ◇ 
あれイエローじゃねえよ。
    ドンマイ

 ◇ 
いや、あんたのせいじゃないよ

 ◇ 
JFAも動けよ。
    取り消してもらえるレベルだぞ。

 ◇ 
動画で見てもほんの一瞬相手を抱える形にはなったかもしれないが
    とてもイエロー出るようなプレーじゃない。
    むしろあそこで体を張らなかったら

    内田のいるドイツじゃ戦えない選手として逆に干されてるわ

 ◇ 
あれでファールとられたらDFなんてできないだろ、、、
    やられた当の本人アレックスですら何が起きたかわかってなかったろうに。

    あからさまな帳尻合わせをするくらいなら
    純粋に11vs11の試合を見せてくれた方がよかったわ

    まぁ審判は目立たない方が優秀なんだなと改めて感じさせてくれたよ。


 ブログランキング・にほんブログ村へ