人気ブログランキング
にほんブログ村

images

◆ブラジルW杯アジア最終予選B組第3戦 オーストラリア1―1日本(12日・オーストラリア・ブリスベーンスタジアム) MF本田圭佑(26)が、オーストラリアとのアウェー戦の引き分けにも、“超強気”の姿勢を貫いた。日本代表は後半20分、右サイドからDF栗原勇蔵(28)の先制ゴールをアシスト。その5分後に追いつかれ、1―1のドローに終わったが、来年6月4日にホーム(会場未定)で迎え撃つ相手を「僕らの方がいいサッカーをしていた」とけん制した。日本は3試合を終え2勝1分けの勝ち点7。次戦は、9月11日にイラク代表と埼玉スタジアムで対戦する。

 ポカーンと開いた口がふさがらなかった。同点の後半ロスタイム。ゴールまで約22メートルと絶好の位置で得たFKを、本田が蹴る準備に入る。だが、極限まで高めた集中力は、鳴り響いた試合終了のホイッスルにさえぎられ、左足を振り抜けずに終わった。不満たっぷりの表情で両手を広げたが、すぐにオーストラリアの選手がユニホームの交換を求めて駆け寄ってきた。息を飲んでFKを見詰めた4万189人の観衆からは、安ど感にあふれた歓声がわき起こっていた。

 予期せぬ結末に触れることなく「もう一つのアイデア、サプライズみたいなプレーが足りなかった」と振り返ったが、唯一の得点は本田のプレーからだった。最終予選のヨルダン戦(8日)前から非公開練習で毎日のように練習してきたショートコーナー。体格で劣る日本がまともにクロスを上げてもかなわない。「向こうが嫌がるのを分かっていた」。後半20分。ショートコーナーをつなぎ、再び右サイドでパスを受けるとドリブルでタッチライン際まで進入。MF岡崎もおとりで相手DFを惑わし、最後はファーで待ち構えるDF栗原の姿を見逃さず、右足の速いパスで先制点をアシストした。

 「もっと得点に絡む動きを増やしていかないといけない」などと話しながら、同組最大のライバル対決に手応えを感じた。「はっきり言えるのは、僕らの方がいいサッカーをしていた。結果は引き分けだけど、オーストラリアの選手も、いい環境(ピッチ)でやればどうなるか感じていたはず。何も感じていなければ、アホか、秘策があるかどちらかしかない」。過激な言葉がすらすら出た。

 この試合直前にラグビー大会が行われ、荒れたピッチ状態の中、単純なロングボールで攻め込んだオーストラリア。対して、凸凹のピッチに苦しみながらも、相手DFラインの前に入り込んだ本田や香川にショートパスをつなぎ、そこからサイドに展開してチャンスを作った日本。“過激な言葉”の背景には、次回はピッチ状態がよく、パスがつながる日本で対戦すれば―の思いが募る。

 「やりたかったことは半分ぐらいは出来た。出来なかったところは、自分自身も周りともっと共有していきたい」。追いつかれてドローに終わった悔しさなど、みじんもない背番号4。6月13日には、26歳の誕生日を迎える。ライバルとの再戦のピッチでも、さらに進化した姿をみせる。本田がまた一歩、ザックジャパンをブラジルW杯に近づけた。

アジア最終予選 B組日程・結果・順位表

海外サッカーの情報満載!!
日本人選手以外にも気になる海外サッカー





・・・・ この記事に寄せられたコメント ・・・・


 ◇ 
フリーキックの権利を得た上で、蹴らさせてもらえずに終了なんてありなの!?

 ◇ 
審判が酷すぎるよ

    最とまともな審判連れてこいよ

 ◇ 
最低の審判だったけど
    予選の段階でよかった

 ◇ 
ラツィオ以外のビッグクラブが、本田獲得に動いてくれたらいいね!

 ◇ 
ラグビーでは「ペナルティー」と呼称する局面

    反則に対する制裁ってのが本質なので時間過ぎてもワンプレー続行

    サッカーは違うの?

    ってゆうかサッカーってプレーの最中で笛吹いて終わらせちゃうよね、いつも

 ◇ 
ハンド見逃すしわけわからないところでファールとるし、
    カード出しすぎだし、あんな審判降格して欲しい


 ◇ 
これが韓国だったら全員で主審に詰め寄って取り囲んで猛抗議だろなw
    その点、本田はすがすがしい表情で相手と健闘を讃えあってたからよかった

 ◇ 
フリーキックが最後のプレーだと思ってた
    蹴る直前に試合終了って初めてみたよ
    サッカーけっこう見てるけど

 ◇ 
あの審判は、時計を見忘れてロスタイムをオーバーさせたから
    焦って変な場面で試合終了させちゃったんだと思う


 ◇ 
カリル・アル・ガムディはAFCの恥さらし

 ◇ 
日本は抗議文送るべきだな。
    あんなところで終了なんてはじめて見たよ。

 ◇  
本田のフリーキック、ゴーーール!!日本劇的勝利!!!
    …の瞬間を見たかったなー。。
    審判は、最低限、冷静に公正な判断を出来る人を登用してほしい!

 ブログランキング・にほんブログ村へ